こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コロナ対策で外出自粛よりも必要なこと

大学4年生。
コロナで学校開始が遅れています。楽しみにしていたセミナーというのも。
人との接触を減らす、というのが外出自粛の趣旨みたいですが、コロナに罹っている人が一人もいなくなればそれ以上増えることはないんでしょうけど、これだけ広まったらもう無理ですよね。それよりまず薬、そしてワクチンができないことにはどうしようもないと思いませんか?医療崩壊を防ぐ前に経済や国が崩壊してしまわないかと・・・・。

投稿日時 - 2020-04-10 05:54:48

QNo.9733310

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

未だ未知のウィルスであることは否めません

インフルエンザウィルスのように毎年、各地域で変異・変質すれば、抗体ができても毎年の予防接種になるかと思います

また、ワクチン開発において、人型感染ウィルスであることから、動物実験が霊長類に断定されるので・・・正直、難しい課題があります

SARSのときも結局、ワクチン開発よりも先に封じ込めができた・・という過去がありますから、効くであろう薬の開発や、今ある薬の組わせで効果的な治験を人で行っていくことしかないかと思います

・・・結局のところ、未だに未知のウィルスであるという認識でいたほうが良いかと思います

また、夏になれば・・・という希望的な経過観測もありますから、ストレスを貯めないように見守る時期かと思います

でも・・・個人的には、緊急事態宣言地域から田舎に大学生など、避難帰省している人が多いのが実情ですから、第3波が全国で起こらないようにと願うばかりです

投稿日時 - 2020-04-10 07:11:23

お礼

回答いただけてありがとうございます。

投稿日時 - 2020-04-13 12:17:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

>コロナ対策で外出自粛よりも必要なこと
今は、これ以外に無いと思いますけどね。。。 全国(辛うじて岩手県が残っていますが)に広まった末端のウィルスを死滅させる!という目的に対し、それしか方法が無いから渋々理解し、自粛しているのであって希望が見えないのであれば各自の判断で自由にしていますよ!

私の県では、感染者2ケタ台前半、死亡者0の状態。 ここ2週間、県外から一切の出入を禁止してくれれば、本当に2週間で済むはずなのですが、いい迷惑ですよ!

飛行機、新幹線、船舶(定期バス)の各ターミナル入口でチケットを持っていない者は不必要に入れさせない。 高速道路は主要ゲートだけを開けて、県境での検問取締り。 道の駅、サービスエリアの封鎖等々
安倍総理が全国に「緊急事態宣言」を出しておきながら、主要都市がウサオサしているだけって、余りにもお粗末。

一方、新型コロナウィルスの正体が分かっているのですから、妊娠検査薬やインフルエンザ検査のように感染の有無が簡易的にでも診断出来るものを普及させてほしい。 医療崩壊は次の問題だと思うのですが、、、。 これだと薬のように臨床実験をする必要がありませんので、かなりグレーでも良いじゃないですか。
貴方のおっしゃるように何も無いのに、自粛しているほど無駄な時間、労力はないと思います。

投稿日時 - 2020-04-11 19:20:13

お礼

回答いただけてありがとうございます。

投稿日時 - 2020-04-13 12:16:34

ANo.5

> ワクチンができないことにはどうしようもないと思いませんか?

 いえ、どうしようもないことはなく、やっぱり「出歩かない」など「三密を避ける行動」があると思います。というか、ソレしかありますまい。

 ワクチンができたら、それはとても嬉しいことですが、できるとは限りません。

 欧州某国のように、「みんなで感染して抗体をつくりませう」みたいな話もありますが、・・・ 話がちょっと脇道にそれるようですが、先祖代々のブラジル人の血液型はほとんど(90%以上)O型だそうです。最近の移民などを先祖に持つひとだけが、A・B因子を持つそうです。

 なんでそうなったかというと、16世紀ころ南米風土病の「梅毒」が大流行して、A・B因子を持った人は全滅してしまったから、という説があるくらいですから、今回もみんなに抗体ができるまでにはA・B型の人が全滅するかもしれません(今回の武漢コロナウィルスでも、O型の人の感染率が若干ですが低いという話をみました。ガセですかね?)。

 加えてハシカのように、一度かかれば二度と感染しないという保証もないわけですし、水疱瘡が帯状疱疹という形で出る場合もあります。一度抗体ができたら安心というわけにもいきません。

 諦めて、「出歩かない」ということを実行して、それぞれが感染しないように努力するしかないと思います。

> 医療崩壊を防ぐ前に経済や国が崩壊してしまわないかと

 そうですねぇ。それが心配です。

 だから、学者さんたちには一生懸命ワクチンを作る努力をしてもらいたいと思います。となると、資金ですねぇ。

 銅や光触媒を使ったマスクの支援剤(マスクの前に着ける)なんて有望だと思うので、多少優先してもらえるなら、研究に対して支援も厭わないという人は多いと思うのですよ。

 研究成果の面で多少優先してもらえるなら、クラウドファンティングでもなんでも資金が集まって、いろんな分野からの研究が進み、有効なものができ、「ちょっと待てば」お金を出さなかった人にも製品が回るのですが、最初から「平等だ」「金持ち優先はダメだ」と言うからお金を出す動機がなくなる。

 その結果、新製品ができず、「みんな仲良く感染しました、平等に死にました」「金を稼ぐ人が死んだ結果、日本経済も死にました」という話になってしまうんじゃないかと恐れます。

投稿日時 - 2020-04-10 21:05:15

お礼

回答いただけてありがとうございます。

投稿日時 - 2020-04-13 12:16:47

ANo.4

>それよりまず薬、そしてワクチンができないことにはどうしようもないと思いませんか?

それなんだか皆さんよくいうんだけどさ。なぜ「出来る前提」なのかしら。
今回の新型コロナウイルスと姉妹関係にあるSARSコロナウイルスもMERSコロナウイルスも、ワクチンもなけりゃ薬もないんですよ。
ワクチンや薬を開発するっていうのは、当たりが入っているかどうか分からないくじを引き続けるようなものです。当たりが入ってりゃいいんですよ。でもそもそも全部ハズレくじって可能性もあります。

今いろいろいわれているアビガンも、初期に投じれば効果があることが分かっていますが、どうやらある程度以上に症状が進行すると難しい。
でもCOVID19というのは、ものすごい早さで症状が進みます。志村けんさんも、午前中に調子が悪いといってて、その日の夜にはほとんど意識がなくなったといいます。志村さんは自分が感染したと知らないままに召されてしまったのです。志村さんのケースだと、アビガンを投与しても助からなかった可能性が高いです。それに妊婦さんには使えないですしね。
日本では日本の会社(富士フイルム)が開発したアビガンが注目されていますが、アメリカではマラリアの薬であるクロロキンがいいという人もいます。以前はエイズの薬が効果があるともいわれました。共通しているのは「どれもある程度の効果は期待できるが、特効薬ではない」ということです。

「この病気に効く薬はない。予防薬(ワクチン)もない」という現実をまず厳粛に受け止めるところからだと思います。

投稿日時 - 2020-04-10 12:10:23

お礼

回答いただけてありがとうございます。

投稿日時 - 2020-04-13 12:16:59

ANo.2

コロナの人間が大量発生したら
経済どころではなくなります。

今の自粛は甘い。
完全にシャットアウトして必要最小限(ライフラインなど)の仕事は
泊まりでやる。学校も会社も休み、電車もバスも道路も封鎖しないと。

だらだら自粛するから時間がかかる。
完全に2週間止めればいい。

人命・健康第一なんだから法律の範囲内でしょう。

投稿日時 - 2020-04-10 06:21:40

お礼

回答いただけてありがとうございます。

投稿日時 - 2020-04-13 12:17:33

ANo.1

ワクチンはお金さえかければ開発できるものでもないので、開発されるまでは自粛するか、2年程度で人類が抗体(全員が感染する)を持つのを待つかですね

投稿日時 - 2020-04-10 06:05:40

お礼

回答いただけてありがとうございます。

投稿日時 - 2020-04-13 12:17:42

あなたにオススメの質問