こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

緊急小口資金と今後住宅ローンを組む際への影響

個人事業主をしております。
今後のコロナ禍がどのように仕事に影響を与えていくのか不安で
なるべく現金を多く手元に置きたく、
とりあえず緊急小口資金を融資を受けようと思っています。
使わずにとっておいて、もし緊急時が無ければそのまま返そうかと。

お聞きしたいのは、今後住宅ローンなどを組む際への影響です。

緊急小口資金はどちらかというと、
言葉は悪いですが収入の不安定さがある場合に受けるという印象がなくはありません。

今後住宅ローンを組む際、銀行側はこういった融資を受けた事を
与信に対しマイナス要素として扱うものでしょうか?

もし、ローンを組む際マイナスに影響するのであれば、
止めようと思っています。

住宅ローンにお詳しい方いましたら
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2020-04-27 19:15:15

QNo.9741072

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そもそもこのコロナショックを乗り越えられなければ住宅ローンもへったくれもないと思いますが、いかがでしょうか。大切なのは今の嵐で船を沈ませないことであり「この嵐で船に傷が付いたら後で売るときに値段が下がる」なんて心配している場合じゃないだろうと思います。

借りなくても乗り越えられるなら、無理に借りる必要もないと思います。もちろん、経営判断として「手元に多くの現金を用意する」というのは正しいです。あの前澤友作さんもTwitterで「金を借りまくって多くの現金を用意しろ」とアドバイスしています。
経営者として正当な判断をしたものをそこで借金をしていますからローンは出せませんなんていうくらい見る目がない金融機関なら、むしろ願い下げなのではないでしょうか。

個人事業主なら、事業が上手くいってれば金融機関のほうが頭を下げて金を借りてくれっていいますよ。金融機関つうところは、晴れた日に傘を貸すのが商売ですから。

投稿日時 - 2020-04-27 23:23:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問