こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

64歳男性です。妻も同い年です。永年勤続して、60

64歳男性です。妻も同い年です。永年勤続して、60歳から再雇用で働いていた会社を、今秋で退職する予定です。厚生年金支給予定額は夫婦で月25万円です。娘二人は結婚し、家のローンも終了済みです。しかし退職金は、ローン繰り上げ返済や娘二人の結婚費用の一部、墓の費用等で使用してしまい、貯蓄額は1000万円位しか残っていません。無論、退職後も夫婦でパートして働く積もりですが、今後、年金も下がると思いますが、老後生活を送れるでしょうか?

投稿日時 - 2020-05-09 10:09:52

QNo.9746171

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1955年11月生まれということですか。
僕はあなたより2歳上のものですが、無職です。
普段は、図書館に行って2・3冊の本を2週間ごとに借りて読み、地域の体育館でやっている太極拳講座に通っています。
公営のジムにも行きます。

あなたの場合は、貯金が1000万円近くあり、尚且つ娘さんも結婚をして独立し、お墓も建てて、これからの老後で心配する材料が少ないように思います。

まず、年金が下がると言っても、ゼロコンマなん%というレベルがあるくらいです。
物価スライドとかマクロスライドとかいう名目で調整されるからです。
ただ、介護保険料が年金から引かれるので、手取り分が少し少なくなる感じはするでしょう。
でも、65歳になってもパートで働くのなら、何の問題もありません。

ちなみに僕は、65歳直前に会社を辞めて、失業手当を120日分支給されました。65歳になってから失業手当を貰うと日数が制限されるからです。

まあ、健康で働けるのが一番ですが、健康寿命という言葉があるように、身体が自由に動かせるときに夫婦で遊ぶのも重要ではないでしょうか。

投稿日時 - 2020-05-09 10:54:26

お礼

おしゃる通りだと思います。肩の力を抜き自然体で、夫婦で老後生活を迎えたいと思います。ご教授有り難うございました。

投稿日時 - 2020-05-09 12:37:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

人生100年? いえ、80年でライフプラン試算をされれば、預金額1000
万円あれば、十分;何も不安な事は、ないでしょう。
生活費程度でしたら、”シニア労働収入追加に制限は、設けられておりません。

投稿日時 - 2020-05-19 07:46:51

ANo.4

74歳男性一人暮らし無職
年金支給額は月16万くらい

持ち家ですので寝るとこには困りませんし
困窮もしていません
税金等でいろいろもっていかれますが
足りないことはありません
貯金は貴方よりもう少し多いですが
手を付けたことはありません
一昨年入院しましたが、短期でしたので
費用は困りませんでした

年1回くらいで旅行しています(外国へも)
貴方の生活費が今どれくらいかかっているか
判りませんので、断定はできませんが
食うに困るとか、生活できないとか
そこまで年金は下がりません

投稿日時 - 2020-05-10 07:16:09

ANo.2

家も持ち家ですもんね。
二人で25万あれば一般的には貯金ができます。

投稿日時 - 2020-05-09 10:43:24

ANo.1

全く問題ないでしょう。
というか、普段いくら使って生活してるんですか。
聞くまでもないでしょう。

投稿日時 - 2020-05-09 10:15:31

あなたにオススメの質問