こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

比較級について

学校では比較級の否定というと
This bridge is less long than that one.
と習ったのですが、
参考書では
This bridge is not long than that one.
と書いてあるのですがなにが違うのでしょうか?

投稿日時 - 2020-05-09 14:59:49

QNo.9746305

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

(1) This bridge is less long than that one.
(2) This bridge is not long than that one.

(2)の文は誤りです。
This bridge is not longer than that one.
に訂正して説明します。

数学の符号で説明すると
・比較級の文は>か<です。
(1)では、「あの橋より短い」と言っています。

・比較級の否定文は
「>か<」の否定ですので、≦や≧を含むことになります。
(2) 「あの橋より長いとは言えない」となり、厳密にはちょうど同じ長さの場合が入ります。

ただ、日常の会話では
less や 比較級の否定ではなく、
This bridge is not as long as that one. を使うことが多いようです。

投稿日時 - 2020-05-09 17:22:04

ANo.2

以下のとおりお答えします。

>This bridge is less long than that one.
⇒「この橋は、あの橋よりは長くない。」
これは、比較級の否定でなく、「劣等比較級」です。

>This bridge is not long (→longer) than that one.(1か所誤植訂正)
⇒「この橋は、あの橋より長くない。」
これは、「優等比較級*の否定形」です。
*「優等比較級」の文は、
This bridge is longer than that one.「この橋はあの橋より長い。」
となります。

ところで、「劣等比較級」の文と「比較級の否定」の文は、どんなニュアンスの違いがあるでしょうか。日本語にすると、どちらも同じような訳文になりますが、かなりニュアンスの違いがあります。
☆つまり、「劣等比較級」のThis bridge is less long than that one.は、
「(どちらも長いが、どちらかと言えば)この橋の方があの橋よりは長くない。」
といった意味合いになります(例えば、1000mと1500m)。
☆これに対し、「比較級の否定」のThis bridge is not longer than that one.は、
単に「この橋はあの橋より長くない」という意味です(例えば、10mと15m)。

投稿日時 - 2020-05-09 16:22:45

ANo.1

(い) not のような否定があるもの。

(ろ) less を使ってマイナスの比較(甲は乙より小さい)をするもの。

 の違いで(い)が参考書、(ろ)が学校です。
 犬は馬より小さいといえば(ろ)犬は馬ほど大きく無い、といえば(参考書)です。

投稿日時 - 2020-05-09 15:29:23