こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電動ドリル

家の庭にある樹木を伐採して切り口に電動ドリルで穴をあける作業について調べてみましたら、キリと言う表現になっていましたがビットはどう違いますか。
(キリと言っても下穴キリのことではないようです)
しろうとなのでよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2020-05-22 21:41:21

QNo.9751887

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

お世話様です。


ビットとは

主にインパクトドライバーの差込口に装着する形状のモノの総称です。

切り先、プラスドライバ、ナットを締めるもの、等々

だからビットのキリもあればただのキリもあります。



キリ(ドリル)で例えると

ビット
片側が切り先で反対側が(充電)インパクトドライバーの差込口に装着する形状(ビット)に成っているもの。

普通の切は
片側が切り先で反対側が普通の(充電)ドライバーの差込口に装着する形状(棒状)に成っているもの。

ですから普通の電動ドリルなら棒状を挟み込む形になります。
例えば
1mmの棒状の切でも10mmの棒状切でも装着可能

インパクトに着ける切り先だと1mmの切り先でも10mmの切り先でも
インパクトに着ける部分は形状が同じ形になります。
つまり
1mmのキリだと本体側は太くなり10mmのキリだと本体側は細くなります。
(一般的な差込形状対辺6.35mm)


つまり普通の電動ドリルで使うなら普通のキリ
インパクトドライバーで使うならビット型のキリ
ただしドリルチャックというものを使えば普通のキリでも
インパクトドライバーで使える場合もある。(太さによる。)

なかなか言葉では説明難しい!?


下記参照すると画像も在って解り易いですよ!!
http://benrikougu.com/bit/

以上
参考になれば幸いです。
それでは失礼いたします。

投稿日時 - 2020-05-23 02:29:42

お礼

ありがとうございました。細かい説明をしていただいてありがとうございました。

投稿日時 - 2020-05-25 01:42:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

経験的に、(木工)キリは
https://www.monotaro.com/k/store/%96%D8%8DH%20%83L%83%8A/
の様に、ドリル刃とは違い
繊維をナイフ刃先端で切り欠きながら外に送り出す機能が有り
 長さが100~300mm あり、切り屑の排出は十分です。

金工ドリルの刃は、グラインダーで立直しできますが
 木工キリの刃は、リューターなどが必要です。

投稿日時 - 2020-05-23 22:55:06

お礼

ありがとうございました。理解できました。

投稿日時 - 2020-05-25 01:49:07

ANo.8

日本語では 平仮名とカタカナでは 違う意味に使うことも多い。
キリは細い穴。
ビットは
20mm 30mmといった大きい穴をあけるもの ホールソーとも言う
穴開け以外の工具もビットと呼ぶ

まとめると キリは細い穴を開ける道具
ビットは電動ドリルの先端につけて使う工具全般を指す。

投稿日時 - 2020-05-23 18:14:29

お礼

ありがとうございました。理解できました。

投稿日時 - 2020-05-25 01:48:37

ANo.7

ビット bit単体ではコンピューター用語で多く知られていますから drill bit ドリルビットと呼ぶべきなんでしょうね 英語の正式名称を日本人は言葉を短くしてしまう人種なので 昔はドリル刃と呼んでいた記憶があります

キリ(錐)は日本語 Drill Bitは英語

回転させて使う装置の先端に付けるものとしては同じ

投稿日時 - 2020-05-23 12:09:53

お礼

ありがとうございました。理解できました

投稿日時 - 2020-05-25 01:47:52

ANo.6

質問の「キリ」とは「切り穴」の略で、ドリルを使って開けた穴を意味します、したがって「12キリ」と書かれていれば、直径12mmのドリルを使い穴あけするということで、ここでは使うドリルのサイズを指定されています。

穴の寸法に∮12と書かれている場合は、出来上がった穴の寸法が直径12mmということで、一般的なドリル加工での公差は±0.1~0.2mmありますので、正確な直径12mmの穴が必要な場合は∮12 H7(公差は 0~+0.018mm)などと指定し、リーマ等による仕上げ加工をします。

また、「ドリルビット」は電動ドリルなどのドリルチャックに取り付け木材や鉄板に穴をあける際に使う工具のことです。

投稿日時 - 2020-05-23 10:51:59

お礼

ありがとうございました。勉強になりました。

投稿日時 - 2020-05-25 01:46:40

ANo.5

No.4です。
参考になるでしょうか。
https://www.toishi.info/faq/question-seventeen/phi_kiri.html

投稿日時 - 2020-05-23 06:19:39

お礼

再びありがとうございました。

投稿日時 - 2020-05-25 01:44:57

ANo.4

キリは、下穴をあける先のとがった千枚通しみたい工具の呼び方ですね。
じつは製図上、穴をあける指示も「キリ」という言葉を使います。(Φ3.5キリなど)
そこから穴あけ工具をドリル、ビット、キリなどと呼ぶのではないでしょうか。
間違っていたらごめんなさい。

投稿日時 - 2020-05-23 06:14:08

お礼

ありがとうございました。理解できました

投稿日時 - 2020-05-25 01:44:01

ANo.2

ビットは狭義的にはドリルビットのことなので同じとも言えますが、最近ではドリルヘッド全般を指す広義の意味で使われることが多いのでその違いですかね。

投稿日時 - 2020-05-23 02:21:15

お礼

ありがとうございました。理解できました

投稿日時 - 2020-05-25 01:37:57

ANo.1

ビットは ビスを回すビッド、ボルトを回すビッド、木材やタイル、コンクリート等 穴を空けるビッド、研磨するビッド…等々の電動工具の先端金物工具です。

キリ(錐)はビッドの中の一つです。

投稿日時 - 2020-05-23 01:58:52

お礼

ありがとうございました。理解できました。

投稿日時 - 2020-05-25 01:36:59

あなたにオススメの質問