こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

フリーランスが厚生年金に入りたいなら法人化?

フリーランスの人は国民年金しか入れないから老後が心配だなんてよく聞きますが、フリーランスでどうしても厚生年金に入りたいとなったら法人化もありでしょうか?

一人しかいない会社でも経営者でも株式会社である以上は厚生年金には入れますよね?

倍額払うことになるんで割に合わないかもしれませんが、フリーランスの仕事って結局体力勝負な面があるものが多いので長く続けられないことを考えると、寝ていても国民年金の倍近いお金をもらえるのは頼りになると思います。

それとも法人化して倍額払う分を、フリーランスとして普通に貯金してた場合と大して変わらないのでしょうか?

投稿日時 - 2020-05-23 18:49:14

QNo.9752244

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

フリーランス(個人事業主)でも、将来に備える制度はあります。
国民年金に加えて、「国民年金基金」と「小規模企業共済」をフルの掛けておけば、厚生年金並の備えは出来ます。
それぞれの制度は検索してみて下さい。

投稿日時 - 2020-05-24 08:04:31

ANo.1

そうですね。
考え方としては大いに「あり」だと思います。法人ですからね。

ただ、あなたも気づいて書いておられますけれど、負担は倍額になりますよね。
まして、健康保険も雇用保険も倍額負担(法人としての負担が生じるから)ですし、労働保険の負担も生じます。
さらには、法人としての税負担も生じてくると思います。

こうなってくると、正直、長い間安定した収入が入ってくるような業務をゲットできないのに法人化してしまうと、かえっていっぱいいっぱいになってしまい、成り立たなくなってしまうのでは?
脚が出てしまうというか、逆に運営・経営を圧迫してしまう危険性もある感じもしますけれど。

結局、どんな業務をやれてるのか、ということも絡んでくるような気がします。
そういった意味では、寝てても倍近いお金をもらえる、とは言い切れないところがあると思いますよ(^^;)。
世の中そんなに甘いもんでもないよ、ということなんでしょうね。

投稿日時 - 2020-05-23 20:08:27

あなたにオススメの質問