こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

家庭にカレーが広まったのは西城秀樹さんのCMのため

家庭にカレーが広まったのは、歌手の西城秀樹さんのカレーのテレビCMのためでしょうか。

投稿日時 - 2020-05-29 18:00:17

QNo.9754644

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

〉家庭にカレーが広まったのは西城秀樹さんのCMのため
その通りですね。
勿論、カレーはそれまでも国民食ではありました。
それまでは、カレー粉、小麦粉、スパイス等でカレー「ルゥー」を自宅で作り
大変な思いをしましたが
CMにより「カレールー(固形)がインスタント」で登場し一気に楽になり
大ヒットし、各社から発売、今では自宅でカレールーを作るのはほぼなくなったのではないでしょうか。あの固形はインスタント、今の人はあれが普通のカレーだと思っている人も多いのではないでしょうか、その分カレーがおふくろの味ではなくなってしまったのではないでしょうか。

投稿日時 - 2020-06-01 10:00:10

ANo.6

グリコワンタッチカレーCM 1960年
https://www.youtube.com/watch?v=p5bZUMAv4s4

昭和34年 SB食品 即席カレー 1959年
https://www.youtube.com/watch?v=qMK2qmrzE5M

皇太子ご成婚で家庭にテレビが普及して 大勢の人がテレビCMを見るようになった。それが1959年ですね。

投稿日時 - 2020-05-29 21:19:13

ANo.5

西城秀樹さんのせいではないです。
それまでに大塚のボンカレー、メタルインドカレーやオリエンタル即席カレー、エスビーカレーなど日本のカレー文化にかなり貢献している商品が出ています。

投稿日時 - 2020-05-29 21:18:23

ANo.4

あのCM以前に、一般家庭でカレーライスはごく普通のメニューでした。
しかも秀樹さんのカレーは子供むけですから、あまり関連性はありません。

投稿日時 - 2020-05-29 21:14:27

ANo.3

昭和世代のじじいの感覚では、
「安い。作り置きできる。飽きない。簡単。ルーさえぶち込めばどこの家でも同じ味のカレーができる」
ってとこではないでしょうか。
高度経済成長期、「食」に費やす時間は無かったと思いますが、専業主婦にとっては毎日の献立は一苦労。今のように「外食」は容認されておらず、「店屋物」は「ハレの日」またはお客様が来た時だけ。デパートの「食堂」で焼肉定食やお子様ランチ、カツ丼などを食べるのは給料日の次の日曜日だけ。みたいな社会風潮があったように思います。
そんな中で成長期の子供を持つ主婦にとって「カレールウ」は救世主だったと思います。ジャガイモ、人参、玉葱、豚コマを水からにてルウを入れれば美味しいカレーのできあがり!!
大人なら焼き魚と漬物と味噌汁でもご飯になりますが、子供はちょっと無理があります。そこで「カレー」です。
得体の知れない肉の塊のハンバーグを焼いてかければカレーハンバーグ。
押し麦が大量に入ったご飯にかければライスカレー。
茹で麺(うどん)にかければカレーうどん。
水でのばしてスープにすればカレースープ。
大鍋で作ったカレーは1週間分のメニューをチャラに出来ました。
昭和の時代はそんな食生活だったと記憶しています。
広まったというよりは、簡便さに飛びついた!と言うのが真理かと・・・。
そういえば、学校のキャンプや何かでも作るとなったら軒並みカレーだった気がするなぁ。肉は持って行けないから、当時は超高額食材だったコンビーフの缶詰が肉代用だった。「食材は一人200円」とかの指示で、6人の班なら1200円、そこからまずコンビーフの缶詰1缶分を引いて、的な・・・。

投稿日時 - 2020-05-29 20:08:36

ANo.2

https://housefoods.jp/data/curryhouse/know/world/j_history04.html

この情報を読んでみたのですが
1950年に固形のカレールウが登場し
カレーが広がる。
翌年(1951年)にテレビの民間放送開始
ついでに、テレビCM開始、

西城さんの 秀樹感激CM は、1973年~1985年
らしいです。

西城さんのCM前から、カレーは広まっていた
ような気がします。

投稿日時 - 2020-05-29 18:56:09

ANo.1

バーモントカレーが広まったのはそうかもしれませんが、カレーそのものはその前から広まってました。

投稿日時 - 2020-05-29 18:08:14

あなたにオススメの質問