こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

60歳以降国民年金継続か小規模共済増額か

自営業(フリーランス)13年目の59歳です。60歳になると国民年金は支払わなくてよくなりますが,自分は正社員として働き始めたのが遅かったので(厚生年金は合計14年ほど払いました),60歳の時点でも納付期間合計は28年くらいです。これでも65歳からの受給資格は満たしているようですが,任意で65歳まで払い続ける(それでも40年にならならい)かどうか迷っています。自営業になってからは小規模共済にも入っていて毎月5万円はらっています。
65歳まで国民年金を払い続けるのと,国民年金は60歳で払うのをやめ,その分1万5000円を小規模共済増額するのと,どちらが賢明な選択でしょうか。
皆さんのご意見をお聞かせください。

投稿日時 - 2020-07-03 21:21:20

QNo.9768146

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

こんにちわ。

自分だったら国民年金の任意加入をすると思います。
国民年金は死ぬまで給付が続くの対し、小規模共済は分割でも最長15年で給付が完了してしまうからです。

現時点では長生きすること自体がリスクになっているので、自分が死ぬまで確実に受給できる国民年金が上乗せされる方がいいと自分は思います。また、小規模共済を頑張りすぎると、分割受領が終了する80才で収入が急減する = 暮らし向きが大きく変わることにもなります。

とはいえ小規模共済を何歳まで積み立てるのか、国民年金をの受給開始を遅らせるのかなどで数字は大きく変わってくるはずなので、自分で計算をして損益分岐点 (おそらく長生きすればするほど国民年金の方が得になるはず) を出して、自分の健康状態や他の財産状況を勘案して判断するといいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2020-07-04 23:09:47

あなたにオススメの質問