こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プーチンが統治するロシア連邦の有望と将来性について

プーチンが統治するロシア連邦の有望と将来性について質問です。

以下の動画は、ロシアについて取り上げた動画ですが、このロシアという国は、噛み砕いてまとめると
1.肥料を蒔かなくても、穀物などの農産物が得られる地域がある。
2.天然ガスや石油、金やダイヤモンドなどの鉱物資源が採掘できる地域がある。
3.人口は、欧州諸国よりもが多い。
4.腐敗や汚職を一掃・撲滅していること
5.強大な軍事力を持っていること
6.欧州からの経済制裁されても、金の保有率がかなり高い
7.蓄財率では、10年耐えられる
といった特徴があるのですが、ここで以下の質問です。

1.このような特徴があるなら、今後、ロシア連邦はEUやアメリカ合衆国、中国を超えるほどの超大国へと変貌する可能性があるのでしょうか?
もし超大国へと変貌なるなら、日本よりも住みやすい国になるのでしょうか?

2.このように魅力的な特徴があるロシア連邦なのに、あるニュース記事では、ロシア連邦軍の諜報機関が、失態はロシアが抱えている内情が鮮明していると指摘していると書かれている。
記事によると、
『2018年末にロンドンでスヴォロフに取材した際、現在のGRUは惨憺たるありさまだと彼は語った。GRUは依然として欧州に暗殺部隊を送りこんでいるが、21世紀の情報戦の世界には対応できていなかいという。
スヴォロフは古い組織の失敗を「ガン」になぞらえ、その病巣がロシア全体を蝕みつつあると語った。この病は諜報活動だけでなくテクノロジーや宇宙ロケットの開発分野にも影響をおよぼしているという。
国内の道路の状態は劣悪で、廃墟のようになった村もある。ロシアは文字どおり崩壊の途上にあるのだ──こう話したとき、スヴォロフは「ラスパッド」という単語を使った。崩壊、瓦解という意味だ。
ロシアの現状はタイタニック号のようなもので、富裕層は救命ボートで脱出するつもりだと彼は言う。』
と書かれているのですが、これって事実なのでしょうか?
それともロシア連邦のイメージを悪くするフェイクニュースなのでしょうか?

3.仮定の話になるが、2の問いが事実なら、このような有様になったのは、プーチンの独裁体制が長く続いたことへの影響なのでしょうか?

4.2と3の問いが事実なら、ロシア連邦が発展させるなら、どんな経済システムと政治システムを採用すれば、どんな風に発展していたのでしょうか?

●『プーチンを激怒させた“ロシア暗殺部隊”のあり得ない大失態(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース』↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b600e913885b6c75797c7bb1f6a21685f4b859a?page=1



●『ロシアというなんでも取れる【夢の国】についての雑談と考察 - YouTube』↓
https://www.youtube.com/watch?v=uc50Ang2hI4

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-07-16 14:32:05

QNo.9773293

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.ロシアは世界有数の天然資源や鉱物資源保有国で羨ましい限りです。また世界の三大肥沃地帯であるチェルノーゼムを有し、かつては純輸入国だった穀物も純輸出国に転じているので、一見有望にも見えます。実際天然ガスや石油の輸出はロシア経済の柱なのですが、化石燃料や鉱物資源は世界的に投機的に扱われるし、世界の需要供給や戦略的な増減産によって価格が乱高下し、穀物はその年の気象条件に影響を受ける上に、外交政治問題で経済制裁も受けているので、天然資源や農作物の輸出に頼った経済が安定しないと言う問題があると思います。全体的には世界10位のGDPだし、そんなに悪い訳でもないと思うのですが、安定した産業基盤が弱いのと、国営企業の寡占状態から抜けきっていないこと、それに防衛比の対しGDP比率が高すぎる。更に言うと人口に比べて国土が広すぎて国土を保全しつつ柱となる産業集約が難しいと言う事情もあると思います。経済成長の可能性は十分あると思いますが、構造的な問題や地理的な事情もあってアメリカや中国のようにはならないのではないでしょうか。
2. プーチン大統領は、腐敗、汚職を一掃すると言っているのですが、信じられません。プーチン自信が不正、捏造、秘匿によって大統領にまでのし上がった人物で、権力を維持するためには不正を共有する特権階級が不可欠だと思います。プーチンが大統領になるまでの道のりは、jnpaさんが良く見られているBSドキュメンタリーの「プーチンの道 ~その権力の秘密にせまる~」に描かれていますが、その後ロシアで起こった不正事件や不正な選挙や得票のごまかしなど全て事実だとしたら、相当な不正や腐敗が広がっていると考えた方が納得いきます。その事と諜報機関の問題とは直接は関係ないと思いますし、ロシアには軍直下のGRUと大統領直下のFSB、SVRと言う3つの独立した諜報機関があり(アメリカのNSA, CIA, FBIの関係に似ていると思います)、通常協力することは無いと言われているので、GRUのUKでの不手際を持ってロシアの諜報組織が弱体化していると言うのは早計かと思います。そもそもクリミアを強引に併合したりアメリカで堂々と選挙介入のサイバー攻撃を加えても、なかったかのように振舞う国ですから、自国の元諜報局員を他国に乗り込んで暗殺しようとしてもロシアだったらやるだろうなと言う感想しか持ちませんでした。
3. 国営の寡占状態を解消できず、基幹産業が育たない事や、軍事費が重たかったり、経済制裁を被るのはプーチン政権の問題が大きいと思います。ただ、プーチンは根本的にアメリカを信用しておらず、アメリカを陥れる事を第一に考えていると言われていて、「プーチンの復讐(BSドキュメンタリー)」アメリカが主導する西側先進国とはプーチンがいる限りは相容れないように見えます。
4. 目先の問題としては国家資本主義から脱却して自由経済を強化すれば相当安定感と活力が出て来る気がします。それができない理由があるとしたらやはり国営企業と政府の癒着、腐敗でしょうが、個人的には2で書いたようにプーチン自身がそれと無関係では無いと思っています。ロシアだけでなくどんな独裁国家も特権階級に守られていて政権交代も不正を共有している特権階級から選んで権力以上する形で無い限り前任者や特権階級の逮捕、訴追がとめどなく起こると言う構造になりがちでなかなか平和的には脱却できないものだと思います。

投稿日時 - 2020-07-17 21:37:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>EUやアメリカ合衆国、中国を超えるほどの超大国へと変貌する可能性があるのでしょうか?

今後10年の間に,そこまで急成長するかと言うと少し厳しいかもしれません。
幾つかの理由の一つとして,ソ連崩壊後からの課題である「ナショナル・アイデンティティ・クライシス」から立ち直れていない事があります。
「ナショナル・アイデンティティ・クライシス」とは,いわば「我々は○○人である」というアイデンティティがあやふやで危機的状況に陥ってる事を指します。
この「我々は○○人である」というアイデンティテがあるからこそ,我々は1つの国(政府)の元で一つになれるのです。
そして,この「我々は○○人である」というアイデンティテが依拠するのは主に歴史という事になります。

現在のロシアですが,正式名称がロシア連邦共和国というように,幾つもの国や自治政府が集まって作られています。
つまり,ソ連崩壊で幾つかの独立した国ほど強い政治的力が無かったものの,意識的にはロシア人という以前に○○人というアイデンティテを持ってる地域がそこかしこにあるという事です。
その最もたる地域がチェチェン共和国でしょう。
独立を目指すチェチェン人とそれを許さないロシア連邦。
その結果,起こったのが二度のチェチェン紛争です。
現在は,ロシアの傀儡政権が治めているため鎮静化していますが,いつまた爆発するか分かりません。
他にもサハ共和国やタタールスタン共和国など,火種を抱えた地域は沢山あります。
かアメリカのように一つに纏まってとはならないでしょう。
そして,これは経済の足を引っ張る要因でもあります。
実際,クリミア半島をウクライナから奪ったとして,現在も経済制裁を受けています。

こうした「ナショナル・アイデンティティ・クライシス」を乗り越えないと,常に内紛の火種を抱え経済成長の足枷になりかねません。


とは言え,未来が全く暗いかというとそうでもなく,動画にあるように地下資源の豊富さと金の保有率や欧州の投資家が保有する債権量などを武器に一気に経済成長を遂げる可能性は秘めています。
実際,EU圏は天然ガスの3割をロシアに頼っている為,経済制裁も有名無実化し始めています。(ロシアが怒って天然ガスの元栓しめたら大変です)
農業面でも肥沃な大地が多く農業革命が起きれば農業大国になる可能性もあります。
また,急成長する中国とも関係が良好であり,特に一帯一路政策はロシアにも恩恵を与えます。
さらに,最近の米中対立を利用して虎視眈々と第三極になる目を狙ってます。
そうした意味では中長期的には,ロシアは有望国家であると言えると思います。(が,あくまで第三極なので米中を超える事はなさそう。)


>2&3.仮定の話になるが、2の問いが事実なら、このような有様になったのは、プーチンの独裁体制が長く続いたことへの影響なのでしょうか?

ロシアがソ連時代の負の遺産(記事風に言うとガン)に悩まされているのは事実だと思います。
ただ,そのガンと戦ってきたのもプーチン政権です。
財閥を解体したりIMFからの借金を完済,8年間で平均月給が80ドルから640ドルに増加させるなど,改革の成果が出ています。
他にも医療制度改革・年金制度改革・中央集権化の回復などなど。
勿論,すべてが前向きな成果とは言えませんし,長期政権のデメリットが出始めてますが,それでもソ連崩壊後のロシアをここまで立て直したのはプーチンの業績でしょう。

投稿日時 - 2020-07-16 22:20:11

ANo.1

i-q

プーチンは強そうですが、
現状はあまり良くない、、かなり悪いのではと思いますm(__)m

・ロシアの映画のあるシーンで、労働者たちが酒場や家で飲んでるシーンがあったのですが。
酔い方が尋常ではない、記憶が飛ぶくらい皆飲んでる。

・交通事故の動画をよくYou Tubeで見るのですが、ロシアの酔っ払いはやはり映画と同様半端な良い方ではない、しかも昼から、
(とくにロシアは酔っ払い絡みか多い気がします)
酔ってるのですが陽気でもなく自暴自棄になってそうな人が多いです。


マンガで言うヤケ酒に近い
・大量に飲む
・全く楽しくなさそう自暴自棄
ロシアの労働者はそんなに大変なのかって思いました、、

投稿日時 - 2020-07-16 15:11:47

あなたにオススメの質問