こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

当り屋被害者の加入先、東京海上日動社の対応

 私は昨年1月14日に広島のザ・ビッグ五日市店の駐車場で当り屋被害に遭いました。
その事故状況は、私がザ・ビッグ五日市店の駐車場に、相手車後部を駐車区画を大きく通路側にはみ出して停車しており、その前方が大きく空いていたことから、相手車の左空区画を通過し、右に折れ相手車の前方を最徐行直進中に、自車側面を相手車前面角部で突かれ自車が停止したもの。ここで降車しようとしましたが、相手車バンパーが邪魔して運転席ドアが開けられず、左のドアも別の駐車車両のため開けらることが出来ませんでした。そこで相手に後退を促すも拒否され、止む無く相手車から離れるように後退しましたが、その後も相手車が自車を押し続け、自車損傷はさらに大きくなり、漸く相手車横に戻したところで降車が出来ました。
 その側面衝突時と自車の位置が変わった状態になって、当り屋自ら広島県警佐伯署に現場検証を依頼した。その検証で私は、松井署員に両者運転中で側面衝突された旨を告知。また、私は相手からの要望から、保険加入先の東京海上日動社の安心110番に被害者として事故状況を報告し、示談の依頼を行いました。
 そして1月25日にもなって初めて、東海日動からの問い合わせを受けた。内容は、相手車のキズを見た、このキズは事故当日のものであって、その前のものでも後のものでもない、あなたが付けたキズだ。バンパー交換8万円、代車料3万円、保険扱いとするかとの意思確認の連絡。その意味不明な連絡に、保険弁護士特約付きの保険扱いを承諾してしまいました。
 その数日後、TN社に問合せたところ、相手車の写真が有るとのことで、TN社から写真を入手することができた。その写真を確認したところ、相手車に付いている筈の前面角にキズは無く、そればかりか事故時に確認していた相手車両の古傷が写真中心に写っていた。
 そのことから再度TN社に抗議したところ、今度はその写真の古傷部分に赤丸を付して事故時と伝えてきた。そもそも、相手車のキズの写真を見て、事故発生日時を判断など決して出来るものではない。加えて、その写真から前面角部を端の曲面の赤丸部分と見誤る筈も無い。その後、TN社に相手は当り屋だ、TN社から訴えるよう要請するも拒否され、そんぽADRに相談することとなった。そして現在、私の抗議対するTN社代理人山手弁護士からの回答書は31件に上り、その殆どに於いて質問の趣旨が分からない、過去の回答書で回答済みといった、虚偽と曖昧な逃避言葉の羅列が続けられた。
 一方で、現場検証を行った佐伯署から、免許センターに送信された事故データの他、事故後の私の当り屋通報及び本年2月27日付け虚偽事故証明に対する私の訂正依頼の相談簿の計6件を入手出来た。この事故データには、私が佐伯署に事故通報を行い、私だけが運転中、単独・衝突と記載が有り、改めて佐伯署の虚偽事故証明が明確となり、他の5件の相談簿の全てに虚偽内容が含まれておりました。
 また、私がそんぽADRセンターに伝えたTN社への抗議について、その職員の門脇と吉田の両名が、TN社に伝えた段階で何度も改竄に及んでいたことも判明。所詮、保険業界にて構成された団体であり、その最大手の東京海上日動社の役員が副会長であることから、その職員が不正に加担するのも止むを得ないと思われる。

 このような状況から、自車へ衝突してきた当り屋の車の前面角にキズは無いことにTN社から異論は無く、敢えてバンパー端曲面の古傷を事故によるキズと主張を繰り返し、バンパー修理代8万円に1時間程の修理に当り屋の仕事上とか納品待ちの必要性から5日分の代車料を加えて賠償しておりました。
 TN社では広島中央支店はもとより、関西安心110番も損害課なども詐欺に結託し、佐伯署でもそんぽADRセンターも同様です。
 なぜこんな少額賠償で、各組織ともに複数名が結託してまで、加入者や地元住民である私を騙し、信頼を放棄までして、各組織とも詐欺に結託して一体どんな利点があるのか、皆様のご意見を頂けましたら幸いです。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-07-18 09:10:32

QNo.9774018

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

追記。

警察は決して庶民の味方では無い。仕事を楽にしてくれる側の味方である。

公務員は仕事をしてもしなくても給料は変わらない。どうせなら、楽をしたいのは皆同じ。

質問者さんを守ってくれるのは、弁護士と物証だけです。
次の機会があったら、不良公務員には負けないようにすること。

投稿日時 - 2020-07-18 20:18:52

お礼

 私も過去に、殺人事件も佐伯署にて門前払いに遭った他、裁判所書記官の不正や行政不服での最高裁審理委員会の不当扱いにも遭い、所轄警察署も広島県警本部も監察官室そして検察庁をはじめ、家庭裁判所、高等裁判所及び最高裁まで、一切信用などしておりません。そして今回の当り屋事件も、果たしてTN社と当り屋の結託から始まったものか、佐伯署と当り屋の不正からTN社に派生したものか、未だに判断を付けかねております。
 結果としては、TN社の回答書と警察の相談簿に虚偽の共通点が豊富に有り、TN社と佐伯署との結託は間違い有りません。

投稿日時 - 2020-07-18 20:58:14

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

回答追加。
今から非常に宗教的な発言をしますが、こういうことは先祖からの因縁だから、何かの形で精算されるまで繰り返して類似の事柄が起こります。

質問者さんが先祖に代わって罰を甘受するもよし、この世の悪を減らして精算しても良しです。

私としては、この世の悪を減らすため、公の場で不良公務員を完璧な物証を携えて、返り討ちにすることを願うのみです。

Good Luck!

投稿日時 - 2020-07-19 01:12:52

お礼

 先祖からの因縁だから、1.類似の事柄が起こります、2.不良公務員を完璧な物証を携えて返り討ちに、とはどういう意味か私には到底、理解など出来ません。
 現在の時点で、TN社、佐伯署及びそんぽADRの結託では、各々の虚偽の主張に幾つもの共通点が明らかになっています。
 今後もTN社と佐伯署に抗議を重ね、更なる矛盾を見出し、追及を重ねます。
 それは兎も角、TN社も佐伯署も、何故こうまでして繰り返し不正を重ねるのか、その目的が理解出来かねています。

投稿日時 - 2020-07-19 10:47:12

ANo.3

事故当時、質問者さんだけでなく、相手も運転していたというところから、主張を崩す必要がありそうです。

ドライブレコーダーの記録はありますか?
無かったら質問者さんの負けです。次からは勝てるように、ドライブレコーダーの購入と設置を忘れないこと。

投稿日時 - 2020-07-18 20:14:05

お礼

 ドライブレコーダーについては、佐伯署には付けていないと申し出たところ、それは残念と言われましたが、実のところは申し上げられません。
 なお。佐伯署には当り屋通報の後に、TN社が私の代理を装って相手者だけが運転中では無かったとする虚偽の事故証明書が作られていたことから、その訂正を再三求めた末、その相談簿の開示が叶い、その開示書類の中に、交通事故の通報者が私であるとする、虚偽の届出情報を得た他に、催事を受けた5通の相談簿すべてに虚偽記載が確認できたもの。
 それら損段簿の記載者をこれから追及すべく佐伯署に通うかを検討中です。

投稿日時 - 2020-07-18 20:49:05

ANo.2

うん、これ弁護士案件ですね。

初動で費用が発生するかもしれませんが、多少の出費は必要経費と割り切りを。

裁判で勝てば、費用は相手に請求できます。

詳しくは参考URL を、
https://www.verybest-koutsujiko.com/?gclid=Cj0KCQjwu8r4BRCzARIsAA21i_Dr6rZUlDfLKURTb_B0-NMftPv3brKnu1s54rv5yCRKDGWgTHvKxkQaAv9QEALw_wcB

投稿日時 - 2020-07-18 17:21:48

お礼

 未だ、佐伯署では、結託状況を明かしてはいません。この状況から裁判に及んだところで、佐伯署による私だけが運転中とする虚偽の事故証明書により、勝てる道理は有りません。何と言っても相手方は、本来私の見方であるべき自動車保険最大手の東京海上日動です。財力を背景として、佐伯署に止まらず裁判所まで抱き込めば、当方の損害賠償など軽く蹴散らされ終了してしまいます。
 そんな状況より、何故、私の加入者であるTN社が、本来、廃除すべき当り屋と結託したのか、疑問でなりません。他の組織まで協力を求め何故こんな不正を行うのか、訳が判りません。
 

投稿日時 - 2020-07-18 18:58:15

ANo.1

えっと、正直よくわからないのだが、今回の件で質問者さんに被害が出た?

保険の等級が上がることに納得できなければ、相手の本社の苦情窓口に訴えるといいだろう。
大事なのは、本社だよ。支社じゃダメ。揉み消される恐れがあるから。

最悪のケースとして、裁判所で争う可能性も視野に入れること。必要なのは証拠集め。ちゃんと裁判で使えるよう、弁護士に確認を取ること。

投稿日時 - 2020-07-18 14:59:19

お礼

cse_ri3 様、昨年1月14日に私が側面衝突された経緯をTN社には伝えましたが、初めてTN社から連絡が有ったのは1月25日です。それが、後々の回答書から、この時点では既に相手車にも問い合わせて、私の過失割合が100:0と確定して、相手車の古傷の1時間程の修理が1月20~24日で終わり、その24日になってカローラ店とTN社とで協定が結ばれたそうです。
 その翌日になって、保険を使うかと問い合わせて来ました。そして後の回答書では、25日の連絡は終結対応であり、有りもしない1月15日には、私と当り屋に連絡し、それが初動対応だったと、繰り返し代理人の虚偽回答の中で虚偽を並べています。
 ちなみに、私が当り屋被害者であるにも拘らず、私の保険の弁護士特約の使用を拒否され、当り屋側からの私の損害補償は一切されておりません。
 結果、私の損害としては、相手車の古キズを私の加入先TN社の保険を使ったとして、3等級ダウンとされ、次回からの保険料が高くなってしまいます。

投稿日時 - 2020-07-18 16:10:35

あなたにオススメの質問