こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

税金

実家に親と一緒に住んでいます。
家は親の名義です。
この家を私がお金を出してリフォームしたら贈与税かなにか税金がかかりますか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2020-07-20 19:09:52

QNo.9775219

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

年間110万円までは贈与税は非課税ですから,その程度の金額であれば何も問題はありません。それを超えるようなら贈与税を支払ってください。
なお,ぞの家の増改築部分の持ち分をあなたにするのであれば,贈与ではなくあなたのものにあなたの資金を使うことになりますので贈与税の対象にはなりません。

投稿日時 - 2020-07-20 20:03:53

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-07-24 21:12:00

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 家の持主は、そこに附合した物の所有権を取得してしまいます(民242条)。

 ※「附合」というのは、分かり易く言うと、壊すこともなく、費用をかけることもなしには、簡単には外せないくっつきかたの事です。畳や襖などのように簡単に外せるのは附合ではありません。

 リフォームは、ふつう新しい物を取り付けますので、リフォームした物(ドアや壁、水道管など)の所有権は親ごさんに帰属します。

 なので、対策しなければ(リフォーム代を)贈与したことになるものと思います。

 どう対策したらいいのか、税金については私もよくわかりませんが、リフォーム業者からの請求明細を添付して、親ごさんと「明細書記載の部分についての所有権その他の権利は質問者さんが留保する」旨の契約をすれば、なんとか贈与にならずに済むのではないか、と思います。

 余談ですが、リフォームによって価値が高くなった家を質問者さんが相続して、割高な相続税を盗られないようにご注意下さい。ま、家の価値はドンドン低くなるので、実際にはそれほど心配したことはないと思いますが、「理屈的」にはあり得ることですので。

投稿日時 - 2020-07-20 20:24:07

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-07-24 21:12:28

あなたにオススメの質問