こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

裁定についての不服の理由の制限について

83条2項の規定による裁定に不服がある場合、対価の額については183条に基づく提訴、それ以外については行政不服審査法に基づく異議申立となっているのは何故でしょうか。

投稿日時 - 2004-08-27 09:53:28

QNo.977629

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

結局、金銭の問題(対価の額)は利害関係人同士による当事者対立構造により(つまり当事者同士で)決めたほうが、特許庁長官や経済産業大臣を相手に行うより、いいのでは?ということだね。裁定自体に不服があるときは、特許庁長官や経済産業大臣を相手に行うしかないということでは?

投稿日時 - 2004-09-13 17:39:02

お礼

なるほど、そういうことですか。ありがとうございました(お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした)。

投稿日時 - 2004-09-25 22:10:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問