こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CPUグリスの再塗布後

MX-4という評判の良いグリスをCPUに再塗布しCPUクーラーも掃除しましたが、
虎徹markII付属のグリスはまだ固形化しておらず、MX-4塗布後もCPU温度は殆ど変わっていません。グリスの再塗布に関しては年に1度2年に1度行えばよい程度で、必ずしも必須では無いと思います。また高価で熱伝導率の高いグリスも安価なグリスも塗布後の温度差は殆ど無いと思っていますが、皆さんはどう思います?

投稿日時 - 2020-07-28 21:21:53

QNo.9778602

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

その通りです。高価なグリスも安価なグリスも結果はあまり変わりません。厳密には変わりますが、それよりも塗り方などの方が効くでしょう。グリスの役割は、何も塗らない場合はCPUとヒートシンクが点接触の集合になるのに対して、微小な隙間を埋めて面接触に近づけることです。微小な隙間ということは、グリスの厚みが薄いということになり、熱伝達という点ではグリスの熱伝導率が多少良くてもあまり効きません。隙間を埋めるということが重要なのです。またなるべく薄く塗って、微小な隙間だけを埋めるのが理想の塗り方です。

投稿日時 - 2020-07-28 21:59:58

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

グリスは1~2年問題ないと思いますが、虎徹markIIですからヒートシンクや冷却ファンに埃が付着します。2年も埃の除去をしないとは考えられません。
冷却性能を維持するためには最低1年に一度は取り外してメンテナンスをした方がいいと思いますよ!
CPUがKナンバーで6コア以上ですと、それなりに発熱しますしCPUクーラーの冷却性能は大事になります。
個人的には簡易水冷240mmと280mmラジエタータイプを10年以上使っていますが(5年以内に買い替え)、ラジエターの水洗いとファンの埃の除去は半年に一度は行います。
CPUがインテルKナンバーで常にオーバークロックをしていますし、冷却に関しては神経質になりますので・・・
当然、その都度グリスは塗り替えています。自作erならその位メンテナンスは留意した方がいいと思います。

投稿日時 - 2020-07-28 21:41:24

あなたにオススメの質問