こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

最期の月牙で天鎖斬月の台詞の意味

最後の月牙天衝の事で天鎖斬月に以下の台詞がありますよね。
「私が護りたかった物、それは……お前自身だ、一護」
この台詞なんですけど、一護が疑問に感じてた様に本当にどういう事何でしょうか?
自分はアニメで見たこのシーンを何回か思い出して2つの考えを浮かべています。
1天鎖斬月が護りたかった一護自身を刺してしまった事への罪悪感

2技を使うと一護は、もう死神として闘う事は出来ず、自分の力を貸して護る事も出来ない

以上です。
それとも1、2のどちらでもなく、他の意味なのでしょうか?

親切で分かりやすい回答をお待ちしています。

投稿日時 - 2020-07-30 19:30:08

QNo.9779377

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

やっぱ、悩み事って考えれば考えるほど、難しくなってしまうもんだよね。
悩んでいることに悩んでいるって感じかな

投稿日時 - 2020-08-01 01:32:48

補足

つまり、貴方としては1、2どちらの考えが合っていると思うのでしょうか?それとも、何か他の考えを浮かべているのでしょうか?

投稿日時 - 2020-08-03 20:21:05

あなたにオススメの質問