こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

梅干しに紫蘇何故入れる?

梅干しを仕込んでいます。
梅干しの紫蘇は何のために入れるのですか?
色付けの他何か役目があるのですか?
紫蘇を入れず、ただ梅田だけ漬けるとどうなりますか?
梅雨明けが遅くなり、三日三晩の土用干しの最中です。

投稿日時 - 2020-08-01 08:17:33

QNo.9779929

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

49p

赤紫蘇の持ってる赤色色素のアントシアニンが梅が出す酸と作用して梅干しが綺麗に赤くなるのを助けてます。
それと、紫蘇の持つペリルアルデヒドという成分は強い殺菌作用があるので、より長持ちして弁当などにも最適な梅干しを作るのに適してます。
めちゃくちゃ優秀です。

出来上がったあとの赤紫蘇は焼酎を割るときに入れたらおいしい梅サワーみたいな味になります。紫蘇入れてるので紫蘇サワーになるんですけどね。

投稿日時 - 2020-08-01 10:04:12

お礼

防腐作用が紫蘇はあるのですか。色付けだけじゃないのですね。有難うございました。

投稿日時 - 2020-08-01 21:51:44

ANo.1

梅干しを赤くするためと存性を高めるためだそうです。
シソの色素成分であるアントシアニンが梅の有機酸と化学反応をおこすことで赤くなあるそうです。
また、シソの香りの成分であるペリルアルデヒドには強い防腐力と制菌作用があるそうです。

投稿日時 - 2020-08-01 08:30:56

お礼

有難うございました。

投稿日時 - 2020-08-01 21:49:01

あなたにオススメの質問