こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

ADHDの診断結果がわかりませんでした。

今年の1月末にADHDかどうかを調べるため病院に行きました。
診断テスト(?)を待合室で受け、その結果をもとに先生とお話しました。
しかし、参考資料が不十分で正確な診断はできなかったようです。
ADHDかどうかを測る為に使われる母子手帳は母が無くし、成績表は要らないと思って捨てました。
診断結果は重度ではない、またはADHDではないだったと思います。
しかし最後に「薬を出すには私以外の人が話す私の性格の情報がいる。母(片親で幼い頃から二人で生きてきたため)と来る必要がある(←母子手帳と成績表がないからか?)。薬が欲しいと思ったらまた来てください。」と言われ、終わりました。
これはADHDではないと言われているのか、薬を出す話が出たということは軽度だがADHDなのか、わからなくなりました。

違う病院に行けばいいのですが、多忙の母に付き添ってもらうことが出来ないことと新型コロナウイルスが流行したこと、何より…大事な事なのに先延ばしにする性格が大きく影響してしまって、新しい病院には行けていません。

ちなみに私は不注意型ではないかと思っています。不注意型の特徴で思い当たることが多かったからです。

言ってはいけないことを言ってしまう
他人の目を気にせず行動する
といったものは当てはまらないです。むしろ、他人の目は気にしすぎて悩む程です。
これらが当てはまらなかったため、「違うかもね」と言われました。

気になって読んでくださった方は意見をください。お待ちしております。

投稿日時 - 2020-08-02 01:09:46

QNo.9780244

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

残念ですが、血液検査でADHDやHSPは確定できやしないです。
肉体的・身体的な異常が伴っているときに、甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)による精神不安定(イライラ、異常な発汗、心拍数の上昇)かどうかを調べるために血液検査をするのが目的ですから。
言い替えると、心理的な症状だけだったら、血液検査じゃその原因はわからないんです。
まして、HSPっていうのは概念に過ぎなくって、精神疾患でも何でもないですからね。そんなものは別途に存在しない、といった考え方すらあるぐらいで、自閉スペクトラム(スペクトラムっていうのは、連続体という意味で、以前はアスペルガー症候群とか広汎性発達障害とかと言われてました)でごく程度の軽いもの、って考える専門家の方が多いです。

診断名を付けてもらいたい、っていう気持ちはわかります。
行動とかがみんなから浮いてしまってたり、ごく簡単なことがわからない・できない、自分の気持ちが上手くコントロールできない、っていうときに、心のどっかに病気でもあるんじゃないかって考えるのは普通のことだと思いますから。

はっきり言って、自閉スペクトラムの傾向はあると思いますね。
空気の読め無さがある、簡単なことが意外とわからない・できない、周りから浮いてしまう、というのが特徴ですから。
また、ADHDの特徴も持っていることも多いです。と言いますか、発達障害(ADHD、自閉スペクトラムなど)のそれぞれの特徴は、一部が重なり合うんですよ。明確な線引きはできないんです。

でも、大事なことは、診断名を知ることじゃないと思います。
なぜかと言いますと、いまあなたに起こっている・いまあなたが感じてることは、診断名が付いたところで変わりやしないから。
診断名が付いたところで、からだの病気じゃないので、はっきり言いますけども、治せないやしないんですよ。上手く付き合ってゆくしかないんです。

幸いにして、自分の心理や行動の特徴をわかってますよね。
こっちから見ていても、しっかりと自分のことをわかっておられると思いますし、なぜ、こんなことを悩んでるんだろう?って疑問に思うのも確かです。
だったら、いま困ってることを実際に解決したり回避したりできる、実践法を身に付けたほうが良いのでは?
ほかの人の回答にもありますけれど、周りの人たちの行動とかを見て学んでゆく、っていうのは、モデリングっていって、あなたのようなことで同じように悩んでる人にはとても効果が大きいので、診断名をどうこうするっていうよりも、よっぽど大事ですよ?
あなたは否定してますけど、結局、診断名とか病名を言い分けに使いたいだけなんですよ。それじゃあだめです。

投稿日時 - 2020-08-03 22:34:25

補足

回答ありがとうございます。(非常に長文になってしまいました。時間がある時に読んでください。)
質問本文、別の回答者様の文、さらに私の補足を読んでいただいての回答ですよね。とても嬉しいです。
この質問をするためだけにOKWAVEを使ったのでよくわかっていないのですが、私の補足に対して回答者様がさらに返事ってできないんですかね…。一方的になってしまい申し訳ないです。

心の病気に関して無知で、この質問で様々なことをしりました。
何も知らないのになぜADHDかと思って病院に行くところまでいったかというと、友人の恋人がADHDだと診断されて話を聞いていたことと、YouTubeの「あなたへのおすすめ」でADHDについての動画が出てきてそれを視聴したら、当てはまることが多かったからです。(大事なことを先延ばしにする、ゴミを捨てられない、何かに集中しているときに頼まれごとをされると返事はするのに聞いていない、など)

何の記録・情報もない私に血液検査での診断は少しの希望だったので確定できないと知って少し残念です。勝手な妄想ですが、血液検査によって遺伝子でADHDの傾向があるとかがわかったりするのかな~なんて思っていました。

【たらたらと長いので面倒であれば飛ばしてください】
突然自分語りになってしまって申し訳ないのですが、
中学卒業頃までの自分は今思うと、とても浮いてて変人だったと思うんです。理科の授業で当てられた時に「口で言えないから黒板に書かせて~」といってわざわざ書きに行ったり(目立ちたがり屋ではなく寧ろ人前は苦手です)…いろんなことがありました。

しかし、個性的を好むのに周りから浮くことを恐れる母に「変だよ。」「おかしいよ。」「普通じゃない。」と言われ矯正されたこと(トラウマ化したようで、テンパったときの口癖が「普通に」になってしまいました。)
周りのみんなが優しい子だったこと
変人な私を攻撃しようとしてくる圧に負けず、そんな雰囲気も知らないですごく明るく積極的に誰とでも喋ることの出来た性格(今では真逆です)
この要素が私を孤立させず、いじめにも発展させず、今思えば浮いていたのに浮いていないように錯覚させ、自分自身を知るのに時間がかかった原因だと思っています。

高校生になって新しい環境になりアルバイトも始めて、ここでも孤立せず特に変わったことなく過ごせたと思います。

現在大学三年生です。高校一年生の頃から続けているスーパーのレジのアルバイトでは集中力が続かないせいかケアレスミスやその他ミスが絶えません。週5勤務でしたがミスを起こさず働けた週はおそらく無いです。新人ではないのにミスが多い自分が悲しくなりましたし、心が辛くなりました。
レジ業務が向いていないのかと思い、掛け持ちをしました。しかし募集要項に「髪色・髪型自由!」を条件に応募し決まったはずが、金髪がだめだったようで怒鳴られ、自分の口で辞めると言いましたが三ヶ月で実質クビになりました。(業務内容が難しくて、ついていけなかったですし相変わらずミスも多発でパニック状態にもなったので辞めれて良かったです。)
今は心への負担とミスでの会社への迷惑を考えてレジのアルバイトを週2のみでやっています。とてもストレスが減りました。

【ここまで飛ばして大丈夫です】
長くなって申し訳ありません。
大学生の現在、親のおかげでアルバイトは週2で生きてけます。
ですが、これから就活…。
仕事は無事決まるのだろうか?
決まってもミス多発で会社に迷惑をかけないだろうか?
そもそもアルバイトレベルで辛くなったのに週5、6勤務はできるのだろうか?これができないと一人で生活なんでできません。
この不安な気持ちを抑えるために病院に行きましたし、何か病名を付けたくなりました。

私は人に迷惑をかけずに自分だけに被害が被る範囲であれば病名をつけて治さずに逃げたいです。足は遅いのにミスの言い逃れや精神的なことから逃げるのは光の速さ。大得意なようです(-.-;)
自分のことも、そしてそれを改善する具体的な方法もわからないですし、これから向き合っていかないとだめですね。
改善するために、やることリストを作ってみたり、やることの時間を決めたり、人と待ち合わせをする時に遅刻しないように早め計算をするなどを試してみましたが三日坊主どころか、一日目に失敗しました。
他にも、簡単に終わるはずの課題にかかる時間が異常(気が散ってしまう)なことを改善するために学習環境を変えてみたりしましたが、唯一効果があったのは締め切り30分前に2個提出しないといけない課題の存在を忘れていて急いで取り組んだ時だけでした。

様々なことを教えてくださり、ありがとうございます。

長文うぜえ。さっさとBA決めろや。といったところですが、ゆっくり決めますのでもう暫くお待ち下さい(^^)

投稿日時 - 2020-08-04 01:56:11

ANo.2

時間を遅いし、上手く言えないけど。
ちょっとこれを読んでみてください。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56833?page=1&imp=0

ADHDなら、薬を飲めば問題解決と錯覚しているかもしれませんが、そんなに簡単ではないですよ。
副作用の多い、危険な薬です。安易に処方はできません。処方ミスで副作用に苦しんだことがありますから、かなり危険だと断言できます。

道を歩きながら、人やものにぶつからずに歩くことに凄く神経が必要な人生が想像できますか?

油断をすると、足元の看板に足を引っかけてしまったり、電柱に腕をぶつけたり、……。
不注意優勢型ADHDであるということは、そんな人生です。

自慢じゃないけど、私はどんな簡単な問題でも、小中時代、算数・数学で満点を一度も取ったことがありません。
努力してましたから、95点、98点は普通に取れる。
でも、ケアレスミスがどうしてもあって、二十問も計算問題があれば、どこかでミスが出る。

これは、ADHDなら当たり前のことです。

数学で満点を始めて取ったのは高二でした。何だかな~という感じです。
国社理なら、満点が取れることもあったから、本当に謎でしたね。

バツが一個もない時に限って、二回ありましたが、
名無しの零点でした。

これくらい、変わり者として逸話になるレベルがあれば、不注意優勢型と簡単に判断されます。

不注意であることは、完璧でないことの言い換えではないんですよ。
不注意とは、人を避けて物にぶち当たる、けつまづく、そういう人生なんです。

華麗に避けられないから不注意、なのではないんです。
普通の腕時計では、腕を壁などにぶつけてしまうため、G-shock以外は無理なようなものです。

ところで、HSPをご存じですか?
最近、それは発達障がいじゃなくて、HSPじゃないかという例があります。
http://www.madreclinic.jp/pm-top/pm-symptom/pm-symptom-22/

こちらのほうじゃないのでしょうか。

ADHDは喋るのを止められない人が↑このようにほとんどですので、空気を読んでストップできるようなら、多分ADHDではありません。

投稿日時 - 2020-08-02 03:04:04

補足

回答ありがとうございます。
上のURLの記事を以前に読みました。ガッカリ…確かにそうかもしれません。
私はADHDなのよ!と言いたいよりかは、前から思う「この行動、周りから浮いてる?」「なんでこんなこともできない?」に病名が欲しい、これは○○(病名)だからと自分で理解して割り切りたいのが本心です。他人にADHDだから気を使って!と押し付けるつもりはありません。


ケアレスミスなどは私もありました。小3の頃の掛け算のテスト今でも覚えています。
縦方向に回答を記入のところ、横方向に記入してしまい0点でした。

そしてHSPという別の可能性も教えてくださってありがとうございます。
BAゆっくり決めます、もう少しお待ちください(^^)

投稿日時 - 2020-08-02 12:30:50

病院の対応は、たいへん適切だと思います。
そもそも、ADHDを含む発達障害の診断においては、出生当時からの生育歴の詳細な把握が不可欠で、本人だけからの診断結果や聴取内容のみで診断を下すことは絶対に避けなければならない、ということになっているためです。

あなたも書かれているように、母子手帳、成績表、家族からの聴取、家族以外の第三者(教師、知人、友人など)からの聴取といったものを経て、総合的に診断が下されます。

このようにして「ADHDである」という確定診断がなされないと、薬の処方はできないことになっています。
というのは、ある種の麻薬・覚せい剤に相当する成分が含まれていてその影響が重大であることから、法令によって、適用範囲と適用前提が厳しく定められているからです。
違反すると、医師もあなたも罰せられてしまうことがあります。

言い替えますと、今回は、ADHDという診断が確定したわけのではありませんし、あくまでも「テストの上だけは疑いがある」といったことに過ぎません。
したがって、そのADHDの程度(軽度~重度)が診断されたわけでもなければ、今後の薬の処方の継続が示唆されたわけでもありませんので、勘違い・思い込みはなさらないよう注意すべきだと思います。

なお、何々型と自分勝手に解釈してしまうことは、非常に危険です。
思い当たる現象が複数存在するからといって、自分だけで決め付けてはなりません。
同じような症状であるのにADHDではなく他の精神疾患である、という可能性を捨て去ることができないためです。
さらに、単純なADHDではなく、ASD(いわゆるアスペルガー)を伴うことがかなり多いので、ASDの観点からのアプローチも大事になってきます。人の気持ちがわからない、空気が読めない、その場で言ってしまうことがふさわしくはないことでも言ってしまう‥‥といった特徴から、むしろ、ASDを疑うべきではないのかとも思われます。
ただ、こういった判断は医師にまかせるものであって、決して、本人や周りの人が判断することではありません。
ですから、現時点で診断結果が不明である、ということはあたりまえのことであって、あなたがくよくよすることではないのです。

大事なのは、決して、診断結果ではありません。
診断名が付いたからといって、その後、問題が速やかに解決されるということもありません。
そうではなく、具体的なひとつひとつの問題点・苦手なことなどに対して、実際的な軽減方法を学習することこそが求められます。
つまり、精神科デイケアであったり、発達障害者支援センターなどでの支援・訓練・集団アプローチなどの、実践的・福祉的支援を受けることこそ、多大な効果が得られます。
診断が付いた・医療(服薬を含む)を受けた‥‥というだけで効果が得られるといったことは決してありませんし、また、効果が得られたように見えても微々たるものに過ぎなくなってしまいます。
言い替えると、ひとりの人間として周りとどのように調和して生きてゆくべきなのか、というその方法を学べないと、いつまで経っても、現在の状況や不満などは解決・軽減しやしません。
 

投稿日時 - 2020-08-02 02:48:09

補足

回答ありがとうございます。
詳しい説明、とても参考になりました。
薬の件については、今悩んでいることが解決するならば欲しいとは思うが、生活が困難ではない別にいらないといった状況です。

結果をはっきりと知りたいというのが大きいです。ADHDではないならそれでいいです。自分が何なのかを知りたくなり、気持ちをコントロールできない時や周りから浮いているやと思った時、私が設定する「普通」を超えた行動やミスをしてしまったり連発したり…
そんな時にこれはなんだろう?と思うのです。
何かの病気と診断されたならば、これは○○(病名)だから強く悩む必要は無いよと自分に言い聞かせたいです。
なんの病気でもないと言われれば、それを受け入れます。単におっちょこちょいな性格なのかな?と。

あまりにも提供できる情報がないので、血液検査で診断してくれる病院に行ってみたいと思っています。1番いいのは母を連れていく事だとは思いますが…。

BAゆっくり考えますのでもう少しお待ちください(^^)

投稿日時 - 2020-08-02 22:30:31

あなたにオススメの質問