こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

皇后陛下の紹介のされ方の違い

明治天皇のことを調べていて、皇后陛下の書籍での「紹介のされ方」に疑問が生じました。

「ビジュアル百科 天皇<125代>の歴史」(西東社)という書籍なのですが、明治天皇の皇后は、添付した写真のように、「皇后昭憲皇太后」と紹介されています。この「皇太后」というのに違和感を感じて、大正、昭和、平成の皇后についてどのように紹介されているのか、ページをめくってみると、大正は、「皇后貞明皇后」、昭和は、「皇后香淳皇后」、平成は、「皇后美智子妃殿下」と紹介されています。

なぜなのでしょうか???「皇太后」と「皇后」と「妃殿下」にどのような違いがあるのでしょうか???「皇后」でよいのではないかと思ったのですが。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-08-03 10:49:02

QNo.9780741

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そもそもですが、
「皇后貞明皇后」「皇后香淳皇后」は追号です。
亡くなられたときに送られた号になります。
美智子様はご存命。
だから追号もなく、お名前のまま。
だから妃殿下と敬称されていると思われます。

追号される際に、wikipediaによると、
『貞明皇后以降は、「皇太后」として崩御しても生前の最高位である「皇后」の位で追号されている』
とのこと。
皇太后よりも皇后の方が上なので、皇后で追号したいというのが、当時の皇室の意向だったものでしょう。
ま、時代によって変わるので今後はどうなるかわかりませんが、当分はこのルールに則って追号されるのではないですか。

投稿日時 - 2020-08-03 13:02:17

補足

ほかの関連の質問でわかりました。

投稿日時 - 2020-08-03 14:42:29

お礼

ありがとうございました。ご回答の趣旨、よくわかりました。


『貞明皇后以降は、「皇太后」として崩御しても生前の最高位である「皇后」の位で追号されている』とのことで、大正以降については、皇室の意向も含めて理解できました。もし、お分かりなら教えていただきたいのですが、明治天皇の皇后の「皇后昭憲皇太后」というのは、「追号」と理解してよいのでしょうか???

投稿日時 - 2020-08-03 14:34:07

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

「皇后」は現在の皇后を指しますから適当ではありませんね。

投稿日時 - 2020-08-03 11:49:21

ANo.1

皇太后は前天皇婦人のことです。
妃殿下は主に皇后以外の女性皇族です。皇太子妃とかですね。
なのでその本が編纂された時点でそれぞれその立場だったのでしょう。

投稿日時 - 2020-08-03 11:07:55

あなたにオススメの質問