こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自閉スペクトラム症の確定診断?

先日,病院で専門医から口頭で「あなたは自閉スペクトラム症のグレーゾーンです.中核部分では無くグレーゾーン」と言われたのですが,その数日後に発行してもらった診断書には「自閉スペクトラム症」と書かれてありました.これはどう捉えたら良いのでしょうか?私は自閉スペクトラム症の確定診断がついたということなのでしょうか?

投稿日時 - 2020-08-04 10:58:03

QNo.9781110

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

診断書の使用目的で、
アナタ様に有利な待遇が得られるように
考慮して、ドクターが書かれた
ものと考えられます。

アナタ様は、診断書の提出先を
主治医に伝えたのではないでしょうか。
「診断書」の真意について知りたいのであれば
主治医にお訊きになるのがベストです。

どうして、その場で、
主治医に訊かなかったのでしょうか。

ここの質問者様の中には、質問者様を
診察して世界で一番、質問者様の症状等を
認識している主治医に訊かずに、ここで
訊くスタンスの人がいて、実に、
不可思議でなりません。

Good Luck.

投稿日時 - 2020-08-04 14:31:10

ANo.1

自閉症スペクトラムの人間に、そんな曖昧なことを言うのはちょっと酷いと思います。

可能性としていくつかあります。
(1)「自閉症スペクトラムではあるが、狭義の自閉症スペクトラムのように重いものではない」と説明したつもりだった。

(2)医療支援を受けるには、診断が必要ですが、
つけないと支援が受けられないならば本人が必ず困る、二次障害の合併のおそれなどあるため、敢えて大袈裟につけておいた。

どちらにしろ、その診断により、医療と医療的な支援プログラムを受けたほうがいい人だということには変わりありません。

私も、アスペ度は境界ぎりぎりです。
しかし、ADHDとしてはかなり症状が重く、それが原因でASを合併していると判断されているようです。
その結果、自閉症スペクトラムとしての扱いになるようです。
診断名がADHDにならなかったということは、治療の必要性の重要さを表してるようです。

あまり診断の経緯には囚われないことをお勧めします。認知行動療法やSST・グループ療法等、自閉症スペクトラムの人が受ける支援のプログラムをしばらく(数年くらい?)受けられることをお勧めします。

投稿日時 - 2020-08-04 12:38:21

お礼

詳しく教えて頂きありがとうございます。大変参考になりました。

投稿日時 - 2020-08-04 20:38:33

あなたにオススメの質問