こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

桂小五郎の、「一橋」という言葉が出てくる名言

桂小五郎(木戸孝允)の名言かなんかに、「一橋」という言葉が出てくる名言があったと思うのですが、何だったのか忘れました。

桂小五郎(木戸孝允)の名言かなんかに、「一橋」という言葉が出てくる名言があったと思います。

どんな名言だったのか、教えてください。

投稿日時 - 2020-08-04 20:12:23

QNo.9781281

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「一橋の胆略決して侮るべからず、実に家康の再生を見るが如けん」です。

投稿日時 - 2020-08-04 20:46:51

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-08-05 13:03:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

「一橋の胆略決して侮るべからず、実に家康の再生を見るが如けん」

これだと思いますよ。
桂小五郎(木戸孝允)は、のちに徳川幕府最後の将軍となった一橋慶喜(徳川慶喜)の度胸と知略に感心しきりで、そのあまりに、むしろ警戒に近い気持ちさえ抱いていました。

もう少し詳しく記すと、以下のように彼の書簡に記されています。

「今や関東の政令一新し、兵馬の制また頗る見るべきものあり、一橋の胆略決して侮るべからず、もし今にして朝敵挽回の機を失い、幕府に先を制せらるることあらば、実に家康の再生を見るが如けん」

要するに、政敵の側に廻してしまったら初代将軍・家康ほどの力を持つ人物であるから先を越されぬように警戒せよ、と、彼は仲間に警告したわけですね。何とかして同志に引き入れてその力を利用したほうが得策だよ、というわけです。
 

投稿日時 - 2020-08-04 20:53:08

あなたにオススメの質問