こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「家統で途絶えた。」の意味を教えてください。

(⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E

明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

と書かれています。

この、一番最後の部分の、

「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、「血統で途絶えた。」の意味はわかるのですが、「家統で途絶えた。」の意味がわかりません。

「家統で途絶えた。」とは、どういう意味なのでしょうか?


「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、
「家統で途絶えた。 」とは、どういう意味なのかを教えてください。



【参考URL】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E
明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

投稿日時 - 2020-08-06 11:53:25

QNo.9781855

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。」の内の、「家統で途絶えた。」とは、どういう意味なのかを教えてください。
⇒「血統も途絶えたし、家統も途絶えた」という意味ですが、詳細を考えるために、少しさかのぼって見てみましょう。

林羅山は、儒官として家康、秀忠、家光、家綱の歴代将軍に仕えて家禄百十石を拝領し、学政の長として、その後12代まで続く職位の礎を築いた。3代目の鳳岡からは学問所(大学寮)の長である大学頭(だいがくのかみ)に任ぜられる例となったが、学問上はふるわず、虚名を保つのみとなった。
7代目の錦峰には子がなかったので、羅山の血筋はここで途絶えた。幕命によってこれを継いだ(松平)述斎は8代目の大学頭として昌平坂に学問所を整備し、多くの書物を編纂した。その後、述斎の子孫による大学頭が数代続いたが、12代目の学斎には子もなく、時代の趨勢とも相まって学監の地位は空席となった。つまり、羅山以来約200年続いた林家による大学頭の職位がここで断絶したのである。

以上により、冒頭の引用部分は、「林家の血統(血筋)は7代目の錦峰をもって途絶え、大学頭としての家統(世襲的職位)は12代目の学斎をもって途絶えた」という意味になると思います。
ということで、この後半部分がお尋ねの《「家統で途絶えた」=「(林大学頭家は血統と)家統(両面)で途絶えた」とは、どういう意味なのか》に対する回答です。

投稿日時 - 2020-08-06 17:45:48

お礼

ご回答ありがとうございました。

よくわかりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-08-06 19:50:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問