こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雇用保険受給資格者証が仮のまま

6月下旬頃最終月が未計算の離職票をハロワに出し失業給付の手続きをしました。
7月半ばに初回認定日で雇用保険受給資格者証を貰いましたが本社がある都内のハロワからまだ未計算分の報告がない為仮の物を渡されました。その時に正式の物を自宅に郵送すると言われ送られてくるのを待っていたのですが、2回目の認定日まで1週間を切っていたのでハロワに問い合わせたところ、まだ都内のハロワから返事が来ていないと言われました。
この時点で所持金は1万円ほど、月末には県民税やら家賃光熱費など払わないといけないものが沢山あります。いくら失業者が多くなっていて処理が遅れてるとはいえ、いつになったら振り込まれるのか不安でたまりません。
8月下旬に振り込まれる可能性は低いでしょうか?下手したら来月になってしまうのでしょうか?

投稿日時 - 2020-08-07 16:55:28

QNo.9782279

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

結論から先に言いますと、正式な受給資格者証ができあがるまでの間は、失業の認定がされるだけで、基本手当(いわゆる失業等給付)の支給を受けることはできません。
したがって、このままの状態が続くと、8月中に基本手当の支給を受けられる可能性は無く、最悪、9月以降になってしまうでしょう。

基本手当の支給ができない理由は「雇用保険に関する業務取扱要領」に明記されています。
業務取扱要領の「50001 - 54000 一般求職者に対する求職者給付」の「50101 - 50250 第2:受給資格の決定」の中の「50202 (2) 受給資格の仮決定」の項です。

〇 雇用保険に関する業務取扱要領
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koyouhoken/data/toriatsukai_youryou.html
〇 受給資格の仮決定
https://www.mhlw.go.jp/content/000602346.pdf#page=37

離職日以前の2年間に被保険者期間が12か月以上あるときで、やむを得ない事情によって「離職票の体裁等がまだ十分ではないとき」は、初めてハローワークに出向いた日に、ハローワークは、受給資格の仮決定を行ないます。
この仮決定は、正式の受給資格が得られるまでの間(体裁等が整った離職票の提出が完了するまでの間)について行なわれます。
仮決定がなされている間は失業の認定だけが行なわれて、基本手当は支給されません。
正式の受給資格が得られると、仮決定がなされた最初の日に遡って、基本手当の支給等が始まります。

仮決定の受給資格者証には「仮」と朱書きされます。
あなたが現在所有している受給資格者証がそれです。

繰り返しますが、「仮」のままでは基本手当を受けられません。
つまり、正式決定されないかぎり、いつまで待っていても基本手当が振り込まれるようなことはありません。
たいへん残念なことですが、このような遅れは、実はかなり頻発することでもあります。
そのため、退職と同時に、例えば、社会福祉協議会から生活福祉資金の貸付(緊急小口資金等)を受けておく、ということも、基本手当が出るまでの「つなぎ」として、1つのコツになるかと思います。
また、このところの新型コロナウイルス感染症の拡大の影響のため、この貸付に関して特例貸付(要件の緩和)も行なわれていますので、最寄りの社会福祉協議会へ問い合わせをなさってみてもよろしいかと思います。
 

投稿日時 - 2020-08-07 18:59:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問