こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

林大学頭家は、完全に消滅したという事なのか?

林大学頭家は完全に消滅してしまったという事なのでしょうか?

(⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E

明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

と書かれています。

明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

という事は、

明治39年(1906年)7月14日の林学斎の死去をもって、林大学頭家は、完全に消滅してしまったという事なのでしょうか?

明治39年(1906年)7月14日の林学斎の死去をもって、林大学頭家は、完全に消滅してしまったという事なのかどうかを教えてください。




【参考URL】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E
明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

投稿日時 - 2020-08-08 09:56:55

QNo.9782510

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

度々、同じような質問をしているようですが、歴史の見方、史実の判断は、それぞれの歴史学者によっても見解が違います。

林大学頭家の存亡に関して知りたいのであれば、OkwaveやWikipediaなどという専門家などが一切信用しないサイトに頼るのではなく、自らこの事の関する書籍を読み漁り、自分なりの見解を見出すべきではないですか?

例えば、ヤマト政権が何処にあったかといったことに対しても、畿内説や九州説ばかりではなく、岡山説があるように、もう少しだけその方面の書籍を読み漁る必要があるように思いますがね。

学問に関しては、安直にOkwaveなどに頼るべきではないと思いますよ。

私も大日本帝国憲法の草案の段階で尽力した井上毅などについては随分と調べましたが、その全てがそれぞれの学者による専門書の読破から始まっています。

史実、歴史の解釈は、自ら導き出すしかないと思いますよ。

投稿日時 - 2020-08-08 13:01:37

あなたにオススメの質問