こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

JR東日本のヤマハ製メロディが消滅した理由

JR東日本の新宿や渋谷で使用されたヤマハ製のメロディはなぜ
消滅したのでしょうか?
またいつ頃まで使用されていたのでしょうか?

投稿日時 - 2020-08-08 23:05:50

QNo.9782770

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

1990年代に入り初期の発車メロディが好評を博したことを受けて他駅でも導入の機運が高まったが、以後の導入に関してはコストダウンを図ったシステムが採用された。採用された代表的な会社が音響機器メーカーのUNI-PEX(ユニペックス)で、オカリナ奏者・宗次郎のメロディ「清流」や「雲を友として」などの他にオリジナル曲を採用した。これらのメロディは同社が製造した自動放送装置と合わせるようにしてコストダウンを図ったと思われる。なお、これらのメロディは東京近郊の駅で導入していたが、契約上の関係で、宗次郎の曲は同社横浜・八王子・東京・大宮支社管内の駅では2005年3月頃を皮切りに相次いで変更され、2014年3月の上越線高崎問屋町駅を最後に消滅した。

『発車メロディー』のwikiより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E8%BB%8A%E3%83%A1
%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3
歴史のところに書いてあります。

投稿日時 - 2020-08-09 14:26:42

あなたにオススメの質問