こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

4次元から9次元そしてゼロ次元

またまた素人の空想ですが
1次元は2次元の平面を線まで圧縮したもの。
2次元は3次元空間を平面まで圧縮したものです。

とすると3次元は (?) 3次元に接する一つの面に4次元空間を圧縮したものとなり3次元を立方体とすると6面存在し、その面に接する各々6個の次元が存在することになるのでは ?

ブラックホール内にはゼロから9次元までの10個の次元が存在し縮小し蒸発する際には折りたたまれゼロ次元に格納されるのではないでしょうか ?

もしそうとすると通常の状態の場合4次元から9次元の空間はどのように存在してるのか謎です。
3次元空間の外の無限宇宙空間にあるのか、3次元空間と折り重なるように存在するのかなんともわかりません。

ダークエネルギーはこの4次元から9次元に存在するのか、この次元から引かれ私達の宇宙が膨張してるのではないでしょうか。

時間は次元ではなく、ただの時間軸ではないでしょうかね。

投稿日時 - 2020-08-14 06:44:01

QNo.9785027

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

人間がどんな技を使っても知覚出来ないものは存在しないと考えるべきです。4次元以上の事象は、存在しても、4次元以上の空間は、知覚できないので存在しないでしょう。いくら空間の次元を増やしても、そこに何があるかは、表現できないのです。例えば、3次元空間にあるアンパンの真ん中には餡が入っていて、甘い、まわりはパンにくるまれている。こんなことも、空間の次元をいくら上げても表現できないのです。
しかし、人は、アンパン各場所の成り立ちを知覚できます。砂糖の量、小豆の量、塩気の程度、柔らかさ、色合い、香り等々のパラメータを感知し、直ぐに10次元以上の構造を認識します。素人の私でも、回答No1の表現が納得できます。
 CTスキャンは、2次元画像を多数重ねて3次元構造を見えるようにしています。しかし、2次元画像は、画像の1次元の濃淡を次元としてカウントしていないのです。空間だけを使って饅頭の構造も説明できなのに、宇宙を表現できると思うなど、おこがましい限りです。

投稿日時 - 2020-08-14 14:22:31

お礼

私は宇宙を表現できるなど一言も書いてませんが。
どこに書かれてますか ?

あなたは、真理を極めてるのですか。
私は最初から素人の空想と断ってるはずです。

お互い、ただのド素人同士が人を馬鹿にすべきではないのでは。
馬鹿にするのなら真理を極め発表し学会に認められノーベル賞でも受賞してからすべきではないかい。

恥ずかしくないかい。

投稿日時 - 2020-08-14 19:25:35

ANo.3

その昔、HGウエルズという「空想」科学小説家がタイムマシンという「空想」科学小説を書きました。空想の小説ですから「うそっこ」の話です。そして「空想」科学小説の醍醐味の一つは、「ウソの理屈をいかにして本物らしく描くか」です。
ウエルズは「次元」という概念を小説のネタとして使いました。
その結果3次元とか4次元という数学用語が一般にも広まりました。
しかしその一方で、
「3次元とはたて、横、高さの空間のことである」
とか
「4次元とはたて、よこ、高さに時間を加えたものである」
という勘違いが世界中に広まってしまいました。

大学の数学や物理学の専門課程で「次元」という概念をきちんと学んだ人は正しい「次元」の概念を理解していますが、そのような勉強をしたことのない人の大部分は、
「4次元とはたて、よこ、高さに時間を加えたものである」
という勘違いをしています。

質問者さんも、ウエルズの「空想」科学小説に騙されている人の一人のようですね。

2次元を圧縮しても1次元にはなりませんし、3次元を圧縮しても2次元にはなりません。

「3次元に接する一つの面」とは何でしょうか?立方体のような「図形」を思い浮かべてはいませんか?
立方体は三次元空間の中の「図形」であって「空間」ではありませんよ。

「3次元を立方体とすると」
その立方体の外は3次元空間の一部ではないのですか?
立方体という「図形」を考えて、その外側の空間を無視してその立方体の「図形」のみが3次元空間であるとすることが間違いです。

一般に、n次元とは、その集合の任意の要素をn個の変数によって一意的に表すことができる集合をn次元と呼ぶのです。

たて、よこ、たかさ、だけではありません。

長さ、重さ、時間、という3次元もありますし、
電圧、電流、時間、という3次元もあります。

解析力学でよく使うのは、
x、y、z、方向の座標とx、y、z、方向の運動量の6次元です。
扱っている質点が1つの場合は6次元ですが、2つの質点を扱う場合はそれぞれの座標の6次元と、運動量の6次元とで合計12次元の空間として扱います。このような空間はフェーズ空間と呼ばれ、解析力学や量子力学の基本的な概念です。

月へ向かうアポロ計画では、地球と月と宇宙船、それに太陽とさらに木星の重力の影響もあるため、30次元のフェーズ空間を考えます。
ウエルズのタイムマシンや、手塚治虫の「不思議な少年」で描かれた4次元の世界とは全く異なるものであるということがおわかりいただけたでしょうか。

「空想」科学小説やマンガを参考にしてはいけません。
あくまでも「うそっこ」の話ですからね。

4次元の「世界」が我々の世界とは別に存在していて、ダークエネルギーがこの4次元の世界に存在していたり、4次元の世界から我々のいる宇宙が引っ張られたり、などというのは妄想以外の何物でもありません。

この世界と別の4次元の世界などというのは手塚治虫のマンガの中での話です。
それともドラえもんがこの世のどこかに本当にいるなんて思っていませんよね。

>時間は次元ではなく、ただの時間軸ではないでしょうかね。

時間は測定できて、歴史の流れの中で「いつ」と特定できるので数学でいう「次元」です。
手塚治虫のマンガに出てくる4次元の世界と「次元」とは全く別物です。
マンガはマンガです。

投稿日時 - 2020-08-14 12:38:20

お礼

あなたは、真理を極めた大学者ですか。
いまだかつて解明されてない事柄を色々想像し考えそれに対して疑問が生じたから質問してるのです。
私はウェルズも手塚治虫の漫画も殆ど読んでません。
ただコズミックフロントNEXTシリーズなどの番組は欠かさず録画して観てます。
超弦理論でさえ最初は馬鹿にされてましたが今は殆どの学者が多次元は存在すると考えてるそうです。

私は最初から素人の空想と断って質問してます。
あなたはノーベル賞を受賞してる学者でさえ解明されてない事柄を解明してるのですか。
お互いど素人同士でエラそうな事いい人を馬鹿ににすべきではないのではないですか。

投稿日時 - 2020-08-14 19:17:22

ANo.2

超素人です。空間というより状態を決める変数と考えられないのでしょうか。

投稿日時 - 2020-08-14 09:32:03

ANo.1

n個のパラメーターで表現するものをn次元とする。次元数が小さくなることは圧縮では無い。

時間の変化が無ければ空間を3次元で表せる。空間に時間の要素を加えれば次元は4だろうね。

投稿日時 - 2020-08-14 08:22:53

あなたにオススメの質問