こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

これでサブディレクトリーにならないのですか?

いつも大変お世話になり、誠にありがとうございます。

標記の件。

初期状態に#を付けております。

     記
<VirtualHost *:80>
# The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
# the server uses to identify itself. This is used when creating
# redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
# specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
# match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
# value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
# However, you must set it for any further virtual host explicitly.

#ServerName www.xxxxxxxxxx.com

#ServerAdmin hop7799@xxx.xxxx.xx
#DocumentRoot /var/www/html

# Ensure that Apache listens on port 80
Listen 80

# Listen for virtual host requests on all IP addresses
NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot /www/html
ServerName www.xxxxxxxxxx.com/content1

# Other directives here

</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot /www/html
ServerName www.xxxxxxxxxx.com/content2
Alias /content2 "/var/www/html/content2/"
# Other directives here

</VirtualHost>

# Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
# error, crit, alert, emerg.
# It is also possible to configure the loglevel for particular
# modules, e.g.
#LogLevel info ssl:warn

ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

# For most configuration files from conf-available/, which are
# enabled or disabled at a global level, it is possible to
# include a line for only one particular virtual host. For example the
# following line enables the CGI configuration for this host only
# after it has been globally disabled with "a2disconf".
#Include conf-available/serve-cgi-bin.conf
</VirtualHost>

# vim: syntax=apache ts=4 sw=4 sts=4 sr noet

以上です。

宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2020-08-23 06:06:44

QNo.9789238

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>Ubuntuで【apache2 fail】にならないためにはどうしたらいいですか?
コンフィグファイルの修正をする前にバックアップしてください。
修正したファイルを保存後に次のコマンドを実行して構文エラーの有無を確かめます。
sudo apache2ctl configtest
結果がSyntax OKであれば「リロード」、「リスタート」の何れもエラーにならないでしょう。

投稿日時 - 2020-08-25 13:40:43

お礼

コンフィグファイル=confファイルですか?

わかりました。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2020-08-25 14:51:28

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

>コンフィグファイル=confファイルですか?
拡張子が「conf」は全てコンフィグファイルです。


>CentOS7.3は今でもdownloadできるのですか?
はい、Downloadできます。
「CentOS7 ダウンロード」で検索してみると良いでしょう。

>1つのウェブサイトを作るのは、ボクでも数年前から出来てました。
知ってますよ。
数年前も苦労されたようですね。

>どうか、複数のウェブサイトを公開のしかたを教えて下さい。
あなたのドメインと関係のないお客様用の独自ドメインを使うのですか?、それともあなたのドメインにサブドメインを追加してお客様に貸すのですか?
何れにしてもDNSサーバーについて十分な知識が無いと無理です。

投稿日時 - 2020-08-25 15:42:06

お礼

DNSサーバーは読んでみました。

???レコードが沢山出てくるところ以外は

大体理解したつもりです。

じゃ、無料じゃなくて安いドメインで作ります。

有料だったら多分できます。

出来たら連絡いたします。

投稿日時 - 2020-08-26 00:19:53

ANo.5

>書いてある意味がよく解りません。
どの文言が分からないかを示さないと永久に解りません。

>Ubuntuがよく【apache2 failed】になるので、CentOS8.1に変えました。
次の質問(https://okwave.jp/qa/q9790170.html)はCentOS8.1でも同じエラーになるということですか?
OSを変えても同じですよ。
CentOSは7.3の方が安定していると思います。
また、同じLinuxでもディストリビューションの違いによってApache2の設定ファイルが微妙に異なりますので参考資料の丸写しでは目的通りの結果が得られないこともあります。

>また、Ubuntuに変わるかもしれません。
何方か一方に絞って少しずつステップアップするようにしてください。

投稿日時 - 2020-08-25 12:02:32

補足

CentOS7.3は今でもdownloadできるのですか?

1つのウェブサイトを作るのは、ボクでも数年前から
出来てました。
どうか、複数のウェブサイトを公開のしかたを教えて下さい。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2020-08-25 15:11:39

お礼

わかりました。

Ubuntuで【apache2 fail】にならないためには

どうしたらいいですか?

復旧方法を教わったのですが、難しかったです。

投稿日時 - 2020-08-25 12:53:46

ANo.4

>これでサブディレクトリーにならないのですか?
サブディレクトリーになるという根拠は何処にあるの?
「DocumentRoot /www/html」はあなたが作成したディレクトリですか?
「ServerName www.xxxxxxxxxx.com/content1」の「/content1」はサーバーの名前に使えないはずです。
「Alias /content2 "/var/www/html/content2/"」は「/var/www/html/content2を/content2に読み替える」という定義になりますので回り道をして無駄なことをしているように思われます。
ブラウザでアクセスするときにサーバー名にサブディレクトリーを加えてリクエストしたいのですか?
「http://[www.*********7799.com/content2/」のようにして2つ目のウェブサイトを表示させたいのでしたら全く無駄な回り道です。
つまり、初期状態の「DocumentRoot /var/www/html」のままで同じ結果になります。
尚、提示の設定で正しい動作になるか否かを検証していません。

投稿日時 - 2020-08-24 14:29:21

補足

CentOS8.1はUSBメモリーが面倒臭いので

また、ubuntu20.04desktopに変えました。

宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2020-08-25 12:21:03

お礼

書いてある意味がよく解りません。

Ubuntuがよく【apache2 failed】になるので、

CentOS8.1に変えました。

また、Ubuntuに変わるかもしれません。

CentOS8.1に変えましたので、宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2020-08-25 11:07:12

ANo.3

     記
#<VirtualHost *:80>
The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
the server uses to identify itself. This is used when creating
redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
However, you must set it for any further virtual host explicitly.

#ServerName www.xxxxxxxxxx.com

ServerAdmin hop7799@xxx.xxxx.xx
DocumentRoot /var/www/html

#Ensure that Apache listens on port 80
#Listen 80

Listen for virtual host requests on all IP addresses
#NameVirtualHost *:80

#<VirtualHost *:80>
#DocumentRoot /www/html
#ServerName www.xxxxxxxxxx.com/content1

Other directives here

#</VirtualHost>

#<VirtualHost *:80>
#DocumentRoot /www/html
#ServerName www.xxxxxxxxxx.com/content2
#Alias /content2 "/var/www/html/content2/"
Other directives here

#</VirtualHost>

Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
error, crit, alert, emerg.
It is also possible to configure the loglevel for particular
modules, e.g.
#LogLevel info ssl:warn

ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

For most configuration files from conf-available/, which are
enabled or disabled at a global level, it is possible to
include a line for only one particular virtual host. For example the
following line enables the CGI configuration for this host only
after it has been globally disabled with "a2disconf".
#Include conf-available/serve-cgi-bin.conf
#</VirtualHost>

投稿日時 - 2020-08-23 22:28:50

お礼

ご説明も入れて下さい。

投稿日時 - 2020-08-24 03:02:18

ANo.2

>【VirtualHostの編集をしないで】とはどういう意味ですか?
000-default.condを初期状態のままで追記や削除をしないことです。
知識不足の状態で書き換えすると予期しない不具合が生じます。

投稿日時 - 2020-08-23 19:53:17

お礼

わかりました。

投稿日時 - 2020-08-24 03:02:56

ANo.1

>これでサブディレクトリーにならないのですか?
サブディレクトリにアクセスさせるのは000-default.confの定義を変更しません。
サブドメインで別サイトを公開する場合にVirtualHostの定義を追加します。
あなたの場合はDNSサーバーへのサブドメイン追加という作業が理解できないレベルなのでVirtualHostの編集をしないで良いサブディレクトリで運用することを学んでください。
前の質問でお客様用のサイトを立てる場合のことを述べていますが未だその段階に進めるための知識が足りません。
お客様のサイトを預かるのはレンタル事業を行うことになるため十分な知識を習得してから考えてください。

投稿日時 - 2020-08-23 07:32:09

お礼

【VirtualHostの編集をしないで】とは
どういう意味ですか?

投稿日時 - 2020-08-23 17:29:45