こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一級土木施工管理技士の試験の解答について

 今度、初めて一級土木施工管理技士の試験を受けることにしていますが、回答数については、例えば、一般土木についていえば、15問中12問が必要回答数となっていますが、12問以上回答して、もし全問正解の場合全体の65問の正答数にカウントされるのでしょうか。
 不得意分野が無理となった場合の正答数稼ぎにできますか。
 もし、自分が回答した数の正答数が合否になるのであれば、少しでも多くの問題を回答したほうが得策かと考えました。
 基本的なことで済みませんがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2020-09-07 22:04:34

QNo.9796099

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

学科試験はマークシートなので極論すれば合格基準をクリアすればいいと思います。

午前の選択問題が30問:45%
午後の必須問題が35問:55%

合格基準は60点以上なので65問だと40問の正解が必要です。
午前30問が全問正解とすると、午後は10問の正解が必要です。

つまり午前中だけでは75%(30÷40)の合格率しかないです。
※午後だけでは88%

全てを網羅は求められていないので、基本的な部分が解れば80点くらいはとれると思います。
というか、それくらいでないと実地は厳しいです。

投稿日時 - 2020-09-09 08:22:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

どんな試験でも同じですが、設問ごとの必須正解数が合格基準となっている旨の記載があります。

判りやすくいえば、経験記述が白紙では他が満点でも不合格ということです。

投稿日時 - 2020-09-08 00:45:43

補足

アドバイスありがとうございました。
さらなる再確認の質問ですみません。

問題の総計で96問中すべて回答を書いたとして、65問で40問程度(60%)での合格となりますが、必要その時は、午前の一般の必要回答数30問以上となった場合は、午後の35問の出来がが悪くてもよいのでしょうか。
極端なところ、午前で合格率の90%の回答を得た場合は午後は残りでよいのでしょうか?
すみません、言い訳ですが忙しすぎてすべてを網羅できないので、今から集中しようと思いましての質問です。

投稿日時 - 2020-09-08 23:56:52

あなたにオススメの質問