こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子供に美術に興味を持たせる方法を教えてください。

子供に美術に興味を持たせる方法を教えてください。
国立西洋美術館のロンドンナショナルギャラリー展が貴重な機会なので、小学5年生の子供を連れて行こうと思います。
うちの息子は美術には全く興味がないのですが、「名探偵コナン」は大好きで、コナンに出てきた「ゴッホのひまわり」には興味を持ってます。
しかし、ゴッホのひまわり以外の作品は全く知らないので、できればこの機会に、少しでも他の作品に興味を持たせてあげたいと思っています。
本でもアニメでも動画でも良いのですが、ロンドンナショナルギャラリー展に出品される海外に関わる、子供が興味が持ちそうなものがあったら教えていただけますとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2020-09-10 08:13:50

QNo.9797118

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ざっと出展作品をチェックしましたが、
子供の興味を引きそうな作品というと難しいですね。
パッと目についたものでは、ティントレットの『天の川の起源』はアリかもしれません。ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが赤ちゃんだったときのエピソードを描いた作品です。

ヘラクレスは確かディズニーで映画になっていましたね。

ヘラクレスが赤ちゃんだったときに、母親の代わりに女神ヘラが母乳をあげるのですが、ヘラクレスのおっぱいを吸う力が強すぎて、ヘラが驚いて突き放します。すると母乳がこぼれて、天の川の星になったと語られています。英語で天の川(銀河)をミルキーウェイと呼ぶのはこの話に由来しています。

ティントレットはヴェネツィアの教会や政府関係の建築物のために多く作品を描いているため、傑作・名品と呼べるものはイタリア国外の美術館には多くありません。これはそうした数少ない名品と呼べる作品の1つです。

お子さんが興味を持つには、質問者ご自身が美術への関心を深めることも重要でしょう。今回の展覧会がいいきっかけになるといいですね。

投稿日時 - 2020-09-11 19:09:18

お礼

具体的なアドレスを有り難うございます!

投稿日時 - 2020-10-04 11:44:51

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

こまめに美術館に連れて行ってあげれば、いいんじゃないでしょうか。
うちは歩き出したばかりの頃から行ってましたが、小さな、お子さんは
断られることも有るようですが、うちの子は小さい時から大人と変わらない子で
走り回ったり、大声を出したり、触ったりとかは、しない子だったので

自然と絵を趣味にする子に育ち、大人になった今も美術、芸術は
定期的に鑑賞しているようです。
彼氏は、そういう習慣が無かったみたいですが、今では、彼も
興味を持ちデートには美術、芸術鑑賞をするように、なったらしいです。

投稿日時 - 2020-09-10 18:29:28

お礼

良い話を有り難うございます!

投稿日時 - 2020-10-04 11:43:39

ANo.4

 僕は、何も言わなかったのに、子供の一人が絵描き(油絵)もう一人も絵描き(挿絵、食器の模様、誕生日などのカード類)になりました。

 小さい時からクレヨンや色鉛筆、いたずら書きの紙を腐る程与え「〇〇書いて」と紙を持ってくるたび自分の下手な絵を描いてやりました。

 ただ気楽にいたずら描きができ、下手な親父より上手な絵なら、という気になったのかなとも思います。

 ほっとけ主義の父親ですから、こういうことが役に立ったのかどうかは全然わかりません

 

投稿日時 - 2020-09-10 14:22:02

ANo.3

美術も歴史も興味が無さそうならば難しそうですね。

コナンが好きとありますので、シャーロック・ホームズには興味はあるかと。

ホームズと言えばロンドン。
ロンドンにある美術館の絵画だよー。
…は無理があるかもしれませんけど。


絵画作品には決まって「背景」があり、その中にミステリー(謎)が隠されているのです。

テレビ番組「世界一受けたい授業」にて「本当は怖い名画ミステリー」シリーズが度々やっていました。

今回のロンドンナショナルギャラリー展には番組内で紹介された作品があるかどうか分かりませんが、ミステリーが隠されているかもしれません。



ちなみにロンドンナショナルギャラリー展にある「ひまわり」は4番目の「ひまわり」です。

投稿日時 - 2020-09-10 13:32:37

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2020-10-04 11:42:49

ANo.2

「子供に本を読ませるにはどうすればいいのか」と相談を受けた教育の専門家は「そんなのは簡単です」といいました。
曰く「親のあなたが本を読めば、子供も自然と本を読むようになる」とのこと。確かに、私もよく本を読みますが、父親や祖父の本棚に沢山本があって、子供の頃から読めそうなものを手にとっては勝手に読んでいました。祖父も伯父も父も読書家なので血筋なのでしょう。

そんなわけで、質問者さん自身が芸術に興味を持って生きていれば、自ずとお子さんも影響を受けると思います。もし成人しても全く興味がなかったら、おそらく美術系の素養はなかったということでしょう。絵画よりサッカーに夢中。でもそれが悪いわけでもありません。

でも小学生にまだロンドンナショナルギャラリーは早いと思いますよ。私も中学生の時にスペインに連れて行ってもらったことがありましてね。ガウディとかピカソとか見たのですが、中学生にはガウディはまだ早かった。まだ理解できませんでした。

もしお子さんが小学生にして名画に興味津々だったら、芸術大学に行く系統の子でしょう。でも芸術大学ほど「金持ちの子供が道楽で行く」ものはなく、我が国での最高峰である藝大出身者も「卒業者の半分は行方不明」といわれるほどです。芸術家は食えないのですよ。アリとキリギリスなら超キリギリスですから。
お子さんにそういうセンスがあったら、何もしなくても自然と興味を持つようになると思いますよ。興味を持ったら与えてあげればいいと思います。

投稿日時 - 2020-09-10 11:03:59

ANo.1

その作品の作者がどのような工夫をしているかを分かりやすく説明するのはどうでしょう。ゴッホのひまわりでも花びらの一枚一枚どのように描くと、生き生きしてくるかなどを知らせるという感じです。

投稿日時 - 2020-09-10 09:29:34

お礼

ありがとうございます。作品を描く人間のほうに注目すると良いですね。

投稿日時 - 2020-09-10 11:08:15

あなたにオススメの質問