こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

工具について質問です。

ヘックスの頭をラチェットに付けて締めた時にナメ滑るまではいきませんがラチェット側のヘックスの頭がネジにくい込んでいる状態になる
(反対側に回さないとネジから頭が外れない)場合はヘックスのラチェットの頭の精度が悪いのかどんなに高い工具を使っても同じようになるのでしょうか?
それほど安い工具ではないのですがこのような事にたまになります。元々ネジ山が減っていたのか工具は消耗品ですのでラチェット側のヘックスの先が摩耗して合わなくなっているとも考えます。今までこのような経験をしたことがないのですが先日このようになりましたので質問させて頂きます。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2020-09-14 17:34:38

QNo.9799351

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ボルトの穴の精度が悪いか
許容を越えたトルクで締めてるか
締め緩めの頻度が高過ぎる。

余談ですが、ボルトに挿入した時に隙間が大きく、下手するとなめそうな場合は、工具先端のサイズを微妙に大きくするなんてのはムリなので、ボルトの先端(孔の周囲)をハンマリングして穴が歪んで小さくなるようにし、そこに工具先端を叩き込むように挿入し、一気に緩めるとなめずに弛むことがあります。

可能であれば、小型トーチで赤熱化するまで加熱したり、浸透性潤滑剤を噴霧し数日放置したりする方法もあります。

いずれにせよ、ムリヤリ外したボルトは新品交換、精度が外れた工具も交換です。

投稿日時 - 2020-09-14 18:41:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ネジかレンチ側の摩耗でクリアランスが大きくなって起こる場合と、
レンチのサイズが合っていない場合があります。

片方がミリサイズ、もう片方がインチサイズで、一見同じ様なサイズだけど少し緩い為に起こることもあります。

投稿日時 - 2020-09-15 10:30:58

ANo.2

以前は経験が無く 最近発生した事であれば 工具の劣化摩耗の原因が高いと思います

一度そういう現象が起きると次は知らずに手加減している場合があり トルクレンチを使わないと難しいですね

ただ 他の人も触る部分であれば 誰かが失敗した可能性もあり ランダムに発生する場合は状況によって滑る前にネジ交換します 工具ではなくネジ側の摩耗損傷

投稿日時 - 2020-09-14 23:01:52

あなたにオススメの質問