こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

火葬炉でそんなにたくさんの遺体は焼けない?

ごく一般的な、遺体の火葬焼却炉は、棺に入れたご遺体を燃焼炉一つ(これをマッフル炉と呼びます)に一体毎に火葬します。当たり前です。複数の遺体を入れて同時に焼いたりしたら遺灰の区別が付きません。
しかしかつて、この禁忌とも言えること実際にやった歴史が存在します。
ナチスドイツの強制収容所・あるいは絶滅収容所であり、代表的にはアウシュビッツ・ビルケナウキャンプです。
一日に何千人もユダヤ人を殺さなくてはならないので、その何千人を火葬炉で遺体焼却していたとされるわけです。
一つの燃焼場に15個のマッフル炉(内部は3つのマッフル炉が一つの炉を形成しているので炉としては5炉)があり、同じ規模の燃焼場がもう一つ、それより小規模の燃焼場が2つありました。野外火葬も行っていました。

さて、ここで、その15炉のマッフル炉で一千体の遺体を24時間で処理するとします。すると、

1000÷24÷15=約3体/1時間あたり/1マッフル炉あたり

と計算されます。ところが、いわゆるホロコースト否定派は「これは不可能である」と主張します。
なぜなら、遺体一体あたりの火葬時間は一般的に1時間かかるからだ、というのです。従って3体なら3時間かかることになり、科学的にあり得ないと主張します。
確かに調べると、遺体一体当たり約1時間というのは正しそうなのです。
でも、ナチスは一度に複数死体を1マッフルに投入していたとされます。順番に焼いていたわけではありません。
一体の燃焼時間が1時間ならば、まとめて焼いても1時間のはずです。こんなの小学生でもわかります。単に、遺体を並行して同時に焼いていると考えればいいだけだからです。
すると、否定派はこう言います、人の体の水分は7割もあり、先ず脱水させなければならないから燃料が膨大にいることになる、と。
これもまたおかしな理屈です。一般的に考えて、物を燃やすと火がつきます。ていうかそれ自体が温度が上がり発火する、それを燃える・燃焼というわけです。つまりは、複数同時にマッフル炉に入れているのであるならば遺体そのものが燃料になるはずです。
遺体には当然脂肪分だってありますから、脂肪分は即ち油ですから、一度発火したらむしろよく燃えるはずです。
ということは、極端な話、炉を最初に加熱する際に燃料が必要なだけで、後はどんどん遺体を連続投入していけば、追加燃料は理想的には不要のはずです。高温を維持できさえすれば良いのです。普通、マッフルにしろ窯にしろ、熱を逃さず高温を維持するために給排気を備えた閉空間になっているはずです。

そうすると、否定派は今度は、1マッフルにそんなに死体は多く入らないと言い出します。ですがこれもそんな訳ありません。そりゃ十体も二十体もは流石に入らないと思いますが、三体くらい余裕のはずです。何故ならば死体なんだから別に死体が苦しむわけでも動くわけでもないのだし、うまく重ね合わせればどう考えてもその程度なら入るはずです。それに焼却を続けていたら焼却遺体の体積はどんどん減っていくわけですから、開いたスペースに遺体を連続投入すればいいだけなのです。すると、1時間あたりの火葬率はどんどん上げられることになるはずです。その方が高温を維持できるわけですから、連続投入は不可欠です。

ほんとにごく普通に考えて、個別にものを焼くより一緒にまとめて焼いた方が速い、というのは誰でも知っている筈です。鮭の切り身をグリルでたくさん焼かなければならないのに、一つずつ焼く馬鹿な人はいません。時間もガス代も勿体ないわけですから。

ホロコースト否定派の理屈ってあり得ると思いますか? それとも私何か間違ってます?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-10-02 14:38:35

QNo.9806621

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ものすごく基礎的な話で間違っています。

>一体の燃焼時間が1時間ならば、まとめて焼いても1時間のはずです。

大間違いです。


焼却炉で燃やすのと、ただ、火をつけて野原で燃やすのは、同じ結果になりません。必要な結果を求めて日の回り方を計算したり、高温でやけるように焼却炉を作るのです。

一体ずつ行うように作られていれば、二体以上ではそもそも同じ結果になるかは分かりませんよ。

遺体も燃えるから遺体も燃料と思われるのでしょうけど、人間は六割くらいは水です。死んだら多少はちがうかもしれませんが、焼くことに対して越えなければいけない障害ではあるでしょう。

高温が一時間なら耐えられる焼却炉も、もっと長時間なら機械としての寿命を縮めることもあることも想像できます。

効率よく火が当たるはずが二体以上では非効率な箇所があっても不思議ではありません。

結果、生焼けになる部分も出てきたり、撤去するのに余分な時間がかかったりもあるでしょう。

連続して実行したなら、一体ずつよりは効率的だったことが窺えます。しかし、時代背景を考えるといい加減な結果でもよいとした可能性はあるでしょう。
簡単に考察できる話でもないと思います。

投稿日時 - 2020-10-02 15:10:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

1体1時間がそもそもの間違いです。
痩せたガリガリの人と太ったデブとが同じ時間なのは
ありえないでしょう。
痩せた人は早く火葬できます。
太った人と同じだけ焼いたら骨まで焼けてしまいます。
まぁ、骨を残すことを考えなければガンガン焼けばいいのかも
しれませんが。

投稿日時 - 2020-10-02 15:27:30

補足

一応、ネットで簡単に調べられる範囲に過ぎませんが、一体1時間は、平均ではありますが普通のようですよ。
「火葬 時間」程度で情報は得られます。
痩せた人は太った人より燃えにくいように思います。本文にも書いたように、脂肪分の差です。もっとも、これは想像であり、専門家でもないので断言はしません。でも、カスカスの木材より油染み込ませた木材のほうが遥かによく燃えるのは理屈で分かると思います。

投稿日時 - 2020-10-02 16:09:41

ANo.3

> 一体の燃焼時間が1時間ならば、まとめて焼いても1時間のはずです。

一体燃やすのに必要な熱量が決まってきますので、二体になれば必要な熱意は2倍になります。
但し、火葬炉の効率の問題があるので二体だから時間が2倍とはなりません。(一体だと効率が悪くて多くの熱が煙突から出ていく)
なので、何体入れても1時間で火葬が終わるという結論にはなりませんが、多数の遺体を詰め込むことが出来て、燃焼に必要な酸素と燃料が十分炉内に行き渡れば約3体/1時間あたり/1マッフル炉という割合で火葬できる可能性はあります。

投稿日時 - 2020-10-02 15:16:40

補足

本文に述べたように、遺体そのものが燃料になるという考察がないようですが……。

例えばごみ燃焼で発電をするというアイデアが実際に実施されています。ゴミそれ自体を燃料にしていますよね。本文には書きませんでしたが、実は遺体それ自体を燃料にしていたという種々の発言が遺体処理をやっていたゾンダーコマンドの証言にあるのです。

投稿日時 - 2020-10-02 16:20:10

ANo.1

最初はよかったですが、だんだん焼く人数が多くなったので、屋外でまとめて焼く、あるいは埋めたんです。

投稿日時 - 2020-10-02 14:43:40

補足

いえ、結構知ってるのでそうではないようですよ。
ナチスはユダヤ人大量虐殺を隠したかったので火葬したんです。1005部隊という遺体火葬処理専門部隊さえあったのです。ですが、アウシュビッツ・ビルケナウでは1944年夏にハンガリーのユダヤ人を大量に移送したため、流石にその時は火葬場だけでは間に合わず、野外火葬もやりました(細かく言うと以前にもやっていますが)。
なので、アウシュビッツ・ビルケナウでは開放時にただの一体もガス殺遺体はありませんでした。ほぼすべての灰を近くの川に流して捨ててしまいましたから。

史実はともあれ、今回の質問は論理の問題です。相手にする必要はないのですが、否定派は「絶対に無理」と言っているのです。そんなわけ無いと言いたいのですが・・・

投稿日時 - 2020-10-02 15:09:01

あなたにオススメの質問