こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

健康食品の説明販売について

儀父母が健康食品の説明販売にはまっていて心配です。午前午後と販売所に講義を聴きに行きそれぞれの健康状態にあったものを購入させられているようです。持病があり病院にも定期的に通って服薬もしているのですが・・・不安感があるのかはまっています。
商品は高額で私たちにはあまり言いたがらないのですが10万円のブルーベリーエキスやいちょうエキスなどです。以前もらった植物性?カルシウムも¥13000定価がついていました。だまされているのではと主人と程ほどにするように言いましたが、”騙されているかもしれないけど欲しくなって買うからいいの”など言われそれ以降あまり強く言ってません。先日もその販売所で薬剤師?による病院でもらってくる薬の鑑定会なるものが開かれ飲まなくて良い薬をひとつ鑑定してもらったとのこと。主治医には内緒でその薬の服用を止めるようです。薬をいっぱい出してあまりお話できない医者よりもいろいろ親切に教えてくれて自分の話を聞いてくれる販売店のほうを頼りにしているようです。このような健康不安を逆手にとって年寄りの年金を騙し取るような販売店の実態について教えてください。
またこのような販売店通いを辞めさせる方法はないものでしょうか?

投稿日時 - 2004-09-01 07:24:07

QNo.984124

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

安心して買えるものを探しましょう。
まずはネットで価格を調べ、なぜ違うの?
百貨店等の専門店の値段を見せ、有効成分同じでしょう。
と納得してもらえば?
ごめんね文章が乱雑で・・・

投稿日時 - 2004-09-12 19:40:23

ANo.2

この手の販売所は2~3ヶ月荒稼ぎして、
移転を繰り返し、あちこちで営業していますよね。
粗品をプレゼントし、楽しい話で興味を引き付けて
高い値段をふっかけた商品を買わせる。
ご老人狙いの商売ですよね。
どのような成分が含まれているのかはわかりませんが
ブルーベリーエキスやいちょうエキスなど数百円から
市販されています。
日本人は、高い商品=優れた商品と思っている方が多いようで、たとえば某化粧品会社で当初5000円で発売した美容液の売り上げが伸びず、10000円としたところ、バカ売れだったとか。
サプリメントが誕生してからまだ数十年しか経っておらず、データがないため、実は安全性を疑問視する
意見もあります。
説得が難しければ、どこかお出かけに誘って
行かせないようにするというのは
どうでしょうか?
宗教のように洗脳されつつあるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2004-09-02 17:23:45

お礼

ご回答ありがとうございます。
粗品をプレゼントして2~3ヶ月で移転する販売会社近所にもありまして、実家の父が少し通っていました。父は暇つぶしと粗品だけをもらいに行っていた様子でしたが、そこに来ていた人たちがもう何十万も使ったという話を聞きちょっと冷静になった様で、また私や母がいい加減辞めるようにうるさく言ったので行くのを辞めました、また友人の母親も通っていて20万円の浄水器を購入したとのこと、この時も友人が止めたのですが騙されてっもいい、ほしいから買う、ご近所の人たちも買っているから、と反対を振り切って買ったそうです。儀父母の場合はもう2~3年通っているみたいで、この販売会社とは少し異なる様子です。先の販売会社の話もちらっとはしたのですが義母には聞き流されてしまいました。義父は午前午後と弁当もちで熱心に通っているのでちょっと話しにくい感じです。このような商法の違法性や洗脳するやり方などを具体的にしめして説明できればとおもっているのですが・・・

投稿日時 - 2004-09-03 06:11:23

こんばんは、お金もからむので大変ですね。「紛らわしい表示や健康被害が問題となっている健康食品について、市民団体「食の安全・監視市民委員会」(代表・神山美智子(かみやま・みちこ)弁護士)は31日までに、規制強化を求める意見書を厚生労働相あてに送った。」と新聞で読んだので、ちょっと書き込ませていただきます。

現在、日本の製薬業界は世界のトップレベルです。世界中の土や葉、考えられるもの全て取りそろえて毎日なにか薬ができないか何億円もかけて研究しています。その結果も「エビデンス(証拠や根拠)という形で証明されています。作用の機序が明らかで(これこれこういう仕組みで作用する)高血圧の薬を飲んでいた人と飲まない人を何年間比べてみたら脳卒中や心筋梗塞の発症が何%抑えられて総死亡率が何%低下した等というものです。

健康食品もなかにはきっといいものもあり御両親の気持ちの充実もあるのでしょう。しかし「きっといいに違いない」という錯覚で購入するのは考え物ですね。たとえば「ブルーベリーは眼に良い」これは、ブルーベリーの色素には視力に良いとされているアントシニアンと呼ばれる物質が含まれているので、そういわれているのです。決して「糖尿病性網膜症」や「白内障」の人がのんで体に良いことが起こるわけではなく、きちんと正しい「道理の通った治療」を受けるべきでしょう。当然、体の大きい女王蜂のローヤルゼリーを体重の多い人が飲んでも良いことは起きません。それからカルシウムなども当然「骨粗鬆症」などで必要あれば医師の処方で数百円で手に入ります(現在は、ビタミンDやビスホスホネート剤が主流ですが)。葛根湯や八味地王丸なども同じく医師の処方なら安価で手に入ります。でも、医師の処方はあまりありがたみもなく、薬のパッケージも安っぽいので好まれないですね。「¥13000定価」なんて購入すると、やはり満足感が大きいのでしょうね。好ましくない健康食品は「誰にでも当てはまる症状を言い、普通の薬や病気に対して恐怖心を持たせる」こともあるので、そこの所をうまく説明して差し上げるのがよろしいと思います。

投稿日時 - 2004-09-01 22:15:07

お礼

早々のご回答ありがとうございました。
両親への説明の参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2004-09-03 05:51:08

あなたにオススメの質問