こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

就活?留学?迷っています。

私は秋から就活を始めるか、来年1年間留学をするか(就活は帰ってきてから)で悩んでいる、20歳の大学3年生です。中学生の時から英語が好きで、大学でも英文科で学んでいて、生まれてこのかた日本に住んでいる割にはかなり英語ができる方だと自負しています。(TOEICは935点で、会話も問題なくできます。)そんなわけで「何か英語が生かせる仕事に就きたい」と思っていたのですが、よく考えてみれば自分の取り柄は英語しかなく、それ以外に出来ることや興味のあるものがこれと言ってないのです。それに英語が出来る人なんて五万といるし、いくら私が英語が得意と言っても、帰国子女の人たちにはかないません。

そこで昔からのずっとしてみたかった「留学」をして、色々な経験をして成長すると共に語学スキルも身につけて、それから就活に望めばいいのでは、と思い始めました。ですが留学といっても、候補地は英語圏ではありません。というのも、ある程度英語ができるようになってからは英語への興味が以前ほど無くなってしまい、今はもっと他の言語を勉強したいのです。今考えているのはこの二国です。

スペイン→今私が一番興味を持っている国。旅行でバルセロナを訪れたことがあり、かなり気に入った。スペイン語は第二外国語として1年の時から習っている。レベルは日常会話程度。

フランス→フランス語は第三外国語でとっており、今年で2年目。レベルはごく簡単な日常会話が出来る程度。南仏で3ヶ月ほど生活した経験あり。今フランス人と遠距離恋愛をしている。

どちらの国に行くかは自分で考えるとして、就活と留学で迷って留学した方、特にスペインまたはフランスに留学したことのある方がいらっしゃいましたら、何かアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-09-03 05:29:32

QNo.986743

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

私は大学を中退してイギリスに留学、その後飲食業界に入り、外資系のフランス料理店への就職を切っ掛けにフランス語の必要性に駆られ、休職してフランスへ留学し、どうせならと現地のレストランへ就職。現在はレストランコーディネーターとして働いている者です。

principessa69(お姫さまなのですね^^)さんは、先ず将来に何をしたいとお考えですか?
スペイン、またはフランスで語学をお勉強された後の将来に何を見据えていらっしゃいますか?

恐らく今は『ライフワークとして何をやって行けば良いのか』『自分が選択すべき職業は何なのか?』で悩まれているのではないでしょうか?

もししっかりとした目標や夢をお持ちなら、それに近付く為の道を選べば良いだけです。もし明確でないのなら、目先の興味から片付けて行けば良いと思います。

一般的には一旦仕事に就いてしまうと、しばらくは自分の意思よりも組織(企業)の一員としての責任や行動が求められるようになり、余程理解のある会社でない限り『休職して留学』なんてことは許してもらえません。それに年齢を重ねれば重ねるだけ、就職は難しくなります。

ですので若いうちに納得の行くだけ自分の好きな事をして、その上でそれらの経験を活かせる職場に入られた方が良いと思います。

principessa69さんはご自分のことを冷静に分析していらっしゃるようにお見受けしましたので、留学されて新たな言語を習得されたら、恐らく将来の展望もより開けて来るのではないかと思います。

仕事なんかいつだって出来る。
そう思ってみませんか?

就職難だと世間が騒いでいても、自分のやりたい事がハッキリしていらっしゃる方なら、多少無理矢理でも企業の門を開けられるはずです。
就職活動なんて、要は如何に『私はココでこんな事がしたい!!』との情熱を企業側に伝えるか。

語学留学は少なからずその原動力になってくれると思いますよ。

留学先でprincipessa69さんのやりたい仕事、なりたい自分像が見付かると良いですね!
語学だけでなく、自分自身を磨いて、日本や世界をあっと言わせる大物になっちゃって下さいw

頑張って!!!

投稿日時 - 2004-09-03 06:34:23

お礼

ご丁寧に答えていただき、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2004-09-20 02:40:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

まずは私の話から。
私はある英語圏に高校卒業後即留学し、3ヶ月語学学校に通いTOEFLのスコアを380点から550点にアップさせ大学へ進学しました。私も英語のみが得意でした。大学では1年間の一般コースをしたあと特定コースに行く道がありました。1年後どこに進もうかと迷いました。本当は航空学を学びたかったのですが、現地の友達とカラオケ三昧で試験に落ち入れる大学で初めてコンピュータを使うITにしました。全く興味がないものでしたがやってみると面く、今はやっていてよかったと思います。職はIT関連です。

高校卒業後はこれをやりたい!っていうものは全くありませんでした。だけど英語が好きだから留学したいと思いました。他の人が大学受験に燃えている中自分はないもしていませんでした。交換留学で後で行けばいいといわれたりもしましたが、それじゃ意味がないと思い決心していきました。

私からのアドバイスはJUST DO IT!!!とにかくやってみろ!!ということです。今はなにをやっていいかわからないかもしれませんが、今は職に入るのではなくて職を作る時代です。ビルゲイツ、LiveDoor社長、楽天社長、などなど一代で築いた会社社長は大学なんていってないですよ。
すいません話がずれました。留学したいなーと思うならやってみるべきです。それも今すぐに!!!!!どこに行こうか?と思っているようでしたらどこでもいいです!
とりあえずイギリスにしてみなさい。フランスも近いしスペインも近いです。そこへ行くと同じような考えをもっているひともいます。

JUST DO IT!!

参考URL:http://www.nike.jp/

投稿日時 - 2004-09-03 21:52:43

お礼

ご丁寧に答えていただき、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2004-09-20 02:39:26

ANo.3

私もprincipessa69さんと同じように、学生時代、ずっと英語一筋で英語に燃えていました。
英語の成績は常にトップでTOEICなどの点数も800点以上を取っていました。スピーキングも特に問題はなかったのですが、学生時代に旅行で行った韓国に魅了され、卒業後に2年間留学してしまいました。
まわりの人からは、なぜ、韓国なの?とか、
英語をまず完璧にしてから、など色々なことを言われました。特にぐさっと来たのが行動に「一貫性がない」と言われたことです。私も特に韓国語をやって、なにか将来役立てようと思っていたわけではないのですが、外国、といえば英語圏だった今までの考え方が崩れ落ちたような印象を受けました。
全く日本とは別の強さと独自の近代化の歴史を歩んできた韓国。韓国語を学びたいというよりは、韓国で暮らしてみたいという気持ちが先立っていました。

そんなわけで、帰国した今は韓国語と英語と2ヶ国語を使う仕事に就いていますが、2ヶ国語ならではの苦労もあります。個人的には私の経験からも、もう1カ国語にチャレンジしてみるのは悪いことだとは思いません。
視野も広がるし、今時英語はあたりまえ、なので
2ヶ国語できることはアピールポイントに充分なりえます。
しかし、実際には英語と韓国語は文法が全く異なるので頭を切り替えることが難しい。やはり、語学はそう簡単にマスターできるものではないんですよね。なので、どっちも中途半端になってしまうのではないか、という焦りは常に持っています。また、どちらかの言葉を専門にずっとやっていた人にはやはりかないません。また、どのレベルまで使えるようになりたいのか、ということも重要です。
日常会話ができる程度なら、実はそこまで難しくないんですよね。

話がそれてしまいましたが、なんとなくでも、具体的に自分のやりたいことがあるように見受けられますので、思い切って留学してみたらどうでしょうか。
そこでまた新しい人に出会って、世界観も変わると思います。ただ、問題は語学ではなく、それを使って何をするのか、ということですのでそれを常に頭に入れた上で有意義な留学生活を送ればいいのではないかと思います。また、これからはアジアの時代ですので、個人的には英語と中国語ができれば怖いものはない、と思います。中国語も検討されてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2004-09-03 11:41:40

お礼

ご丁寧に答えていただき、ありがとうございました。
参考にさせていただきます!

投稿日時 - 2004-09-20 02:39:00

ANo.1

言語を勉強するなら、1カ国語をまず完璧にすべきだと思います。
例えば、英語がよくできるのは分かるのですが、英語圏で生活した経験などはあるのでしょうか??紙の上や日本国内でどれだけ英語が出来ても、実際に、アメリカにはアメリカの英語がありますし、イギリスにはイギリスの、オーストラリアにはオーストラリアの英語があって、発音などは、かなり違います。自分はアメリカで生活してて、サッカーが好きなのでサッカーチャンネルなどをみるのですが、イギリスの放送を見てる時などは、自分の英語力落ちた??と感じる事がしばしばです。ですから、まず、一番長い事やっている英語を完璧にしてから、次の言語に進むべきだと思います。つまり、海外で生活して、言い回し(日本でどれだけ勉強しても理解の出来ないのも海外では簡単に身に付きます)そして、その地域ごとの英語の特徴を勉強する事をオススメします。で、それでも、まだ、言語をもっとやろうというのでしたら、フランス語かスペイン語を勉強してください。別に、1年ずつ2つの国に留学する事は何も間違えている事ではないので。
ただ、採用する企業の側の立場から言えば、語学が出来るととるのは、交換留学で1年行っていた人でなく、4年とか6年とか長期間海外に留学していた人ですが。
とにかく、個人的なおすすめはスペイン語です。
今、アメリカの抱える問題として、ヒスパニックの増加によって、10年以内に完全にスペイン語を学校教育において、英語と同じ扱いとしなくてはならないのではないかと言われています。よって、英語圏で将来的に仕事をしたいと言う希望があるのでしたら、その最も大きなところはアメリカで、そこでは、スペイン語が公用語のようにしゃべられている事を忘れてはいけないと思います。例えば、アメリカでAsian food marketに行けば、そこには大体、中南米系のものも置いてあって、アジア人よりもヒスパニックであふれています(時間帯にもよりますが)。また、夜中にWalMartに行くと、英語を聞く機会はレジくらいでどっちを向いてもスペイン語が聞こえてきます。ですから、将来就職して、海外勤務を経験したいと思うのでしたら、英語を第一外国語にしている以上、アメリカは多いに可能性がありますので、その時に、スペイン語は多いに訳に立ちます。それに、ご存知だとは思いますが、スペイン語はポルトガル語やイタリア語に近く、後々、このような言語を勉強したいと考えているのでしたら、スペイン語の方がやはり良いと思います。

どちらにしても、ご自分で書いている通り、英語をしゃべれる人などどこにでもいます。だから、英語が出来るだけでは、就職には有利には働かないと思いますよ。フランス語やスペイン語もそうで、語学+αがなければ、どうにも社会では通用しないと思います。ですから、そこまで英語をやっているのでしたら、アメリカに大学院留学をおすすめします。勿論、English majorで。それで何が出来るかと言えば、そのまんま頑張って、大学の教授かなど道は狭いですけど、でも、ただ、1年海外に行ってました(こんな人はどこにでもいます)、TOEIC何点ですなどは、どこにでも上には上がいるので、頂点を目指すしかないのではないかなと個人的に思います。

投稿日時 - 2004-09-03 06:13:30

お礼

とてもご丁寧な回答ありがとうございます。
英語圏での生活経験は高1の時にアメリカで1ヶ月ホームステイをしたのみです。まぁ遊びのようなものだったので、生活したといえるかは微妙なところですが。たしかに中途半端な英語を放り出して、他の言語をやることに少しはためらいを感じています。でも英語をもっと話せるようになりたいという気持ちはあっても、アメリカに留学して大学院にまで行って勉強したいと思えるほどのモチベーションが今の私にはありません。全く英語圏に留学したくないわけではないのですがね。それよりも今はスペイン語・フランス語(スペイン語>フランス語)に興味があり、頑張って勉強したいという気持ちです。

アメリカにおけるヒスパニックの問題のお話、とても興味深く読ませてもらいました。アメリカでスペイン語を使うということは全く考えていませんでした。これからどうするかを考える上で参考になりそうです。ありがとうございます。

P.S
>採用する企業の側の立場から言えば、語学が出来るととるのは、交換留学で1年行っていた人でなく、4年とか6年とか長期間海外に留学していた人ですが

業種・会社にもよると思いますが、実際TOEICの点数はけっこう重視されるみたいです。(今年、某広告代理店から内定をもらった知人談。)

投稿日時 - 2004-09-03 06:47:29

あなたにオススメの質問